一日の始まり


 

 08/08/31 今朝最初に目を覚ましたのは2時ごろでまた寝て結局4時に起きた。

 

 左の目の下がはれぼったい感じがする。

 

 いつものようにコーヒーを入れに下へ降りお湯を沸かしている間に洗面所で歯磨きをしながら鏡を見ると確かに左目の下が腫れぼったい。

 

 歯磨きをしているときは特に痛みを感じないのだが歯茎が腫れているようだ。

 

 どうしたのか。

 

 コーヒーを入れ終わり部屋へ戻りいつものようにパソコンの前に座りコーヒーを飲み始める。

 

 外は雨が降っているようで屋根に落ちる雨の音が聞こえてくる。

 

 昨日の夜一時豪雨になり心配したがその雨も納まり小降りになったのだが。

 

 昨日は長男の外出で妻と病院へ向かえに行った。

 

 長男を連れいつものように畑へ妻と長男を置いて買い物をしていったん家に帰った。

 

 一時間ぐらいたってから畑へ長男と妻を向かえに出かけ車に乗せまた家に戻った。

 

 何かあったのか妻がブスッとしていたが何も言わずただ黙っていた。

 

 家に着くと次男がアルバイトに出かけるところでもう一台の車の鍵を私が持っていたようで帰ってくるのを待っていた。

 

 鍵を渡すと直ぐに出かけた。

 

 11時半ごろでアルバイトの始まる時間には1時間半も早いのだがそういえば銀行によって記帳してくるといっていたのを思い出した。

 

 妻は随分早いなと言っていたがほかにも何か用事があったのだろう。

 

 家に入ると愛犬が帰ってくるのを待っていたようで妻にじゃれ始めた。

 

 長男が家に入り居間に行くと愛犬が長男の顔を舐めはじめた。

 

 長男が戌年だからか相性が良いのかいつものこと。

 

 お昼を食べ私はいつものように昼寝をした。

 

 昼寝から目を覚まし居間に行くと長男はおとなしくCDを聞いているように見えた。

 

 コーヒーを入れ部屋へ戻っていると長男がやって来て「お父さんタバコをくれ」と言うので一本あげるとそのタバコを吸いながら「来週も外出ね」「外泊もそろそろしたい退院をするのに」などと言うので「まだわからない」と言うと「わかった」と言って下へ降りていった。

 

 本当にわかったのかわからないが・・・・。

 

 病院へ戻る時間になったので長男を連れ妻と三人で病院へ戻り病棟へ向かった。

 

 病棟の壁の呼び鈴を押すとやがて担当の看護師さんがやってきた。

 

 長男に先に行ってと看護師さんが言うとうなずいて奥の部屋へ行った。

 

 長男が側に居なくなってから家での様子を妻が話し始めた。

 

 「畑に行ったとき手をばたばたとしたり自分の顔をたたいていた」と言ったら看護師さんが病院でも同じことをしている。

 

 夜も寝ていないようで良い時は自分の周りの片づけをしたり看護師さんの手伝い?をしているそうだ。

 

 家でタバコをたてつづけに吸って買ったばかりのタバコを5時間ほどで一本だけ残し吸ってしまったと妻が言った。

 

 私は退院の話が出たと言うとこのごろ退院する人が多いからそれを見て自分もと思っているのだろうと言っていた。

 

 退院の前に外泊も出来る状態でもない。

 

 外出も状態が悪いときは控えましょうと看護師さんに言われた。

 

 まだまだ先が見えない・・・。

 

 家に戻り次男を待っていると17時半過ぎに帰ってきた。

 

 着替えをして夕食を食べ私の居る部屋へやってきた。

 

 「たらこスパゲティー買って食べたのか」と聞くと「うん」「おいしかったか」「おんなじようだった」と返事をした。

 

 アルバイト先のたらこスパゲティーのたらこが他の店より多いから食べてみたいと楽しみに言っていたが電子レンジで暖めたら量が減って味も同じようだったようだ。

 

 「ああつかれた」「明日休みたい」と言い始めた。

 

 5時間働いてこの様子では困ったものだ。

 

 立ちっ放しと言うこともあるが。

 

 「記帳してきたか」と聞くと「うん5万円ぐらい振込みがあった」と言っていた。

 

 先月は結構アルバイトに行っていたから。

 

 妻が足を擦りに部屋へやってきた。

 

 足を擦ってもらっている間次男は私のおなかに頭を乗せたり私のおなかを擦り始めた。

 

 他に楽しみがないからかそんなことをして喜んでいる?。

 

 その内次男が今日は早く寝るといってお風呂に入りに下へ降りていった。

 

 妻が私の足をさすり終えるあたりに次男がお風呂からあがってやってきた。

 

 私の足を擦り終えた後いつものように次男の体を擦り始めた。

 

 擦り終えた妻が部屋を出て行った後いつものように次男とテレビを見ていた。

 

 もちろん私のおなかを擦ったりしていた。

 

 20時ごろになって「もう寝る」と言って自分の部屋へ戻っていった。

 

 私はその後21時からの洋画を見て寝たのは11時半ごろ。

 

 外ではまだ雨が降っている。

 

 先ほどよりまた強く降って来た様な気がする。

 

 今日は一日中雨のようだ。

 

 次男は今日も13時からアルバイト。

 

一日の始まり」への1件のフィードバック

  1. 精神障害者をもつ一家族の一人として、アフィリエイトや広告などを大量に載せているあなたのブログは非常に不快に感じる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です