東日本大震災 被災地へ 毎月訪れ「こころの応援」 群馬の千代田さん、同じ目線で会話を


こころの応援団」は、精神障害者への理解を広めたり、ケアしたりするために2008年に設立した。 千代田さんは震災直後、夫の高桑春雄さん(59)とともに、宮城県に住む夫の知人の安否を確かめるため被災地に入った。避難所などを回る中で「被災者の先行きの不安に寄り添いたい」と考え、震災から3カ月後の6月、サロンを ...