誰もが暮らしやすい社会をつくる 〜障がい児・者を支える家族支援の観点から〜


特に知的・精神障がい者の支援者の85%が同居だが、これは夜間の生活支援を家族が引き受けているということ。その負担の重さが「在宅での支援に自信が ...