一日の始まり

 06/10/24 今朝は3時すぎに目が覚めた。

長男は妻の側で愛犬と一緒に寝ていた。

外は強い雨が降っている。

寒さはさほど感じられない。

いつものようにコーヒーを煎れに下へ降り、ついでに長男の部屋を覗きて見ると、何時ものように電気もストーブもつけっぱなし。

部屋へ入って見ると、机に何か書いた紙がある。

見てみると、130万とか1800万とか書いてある。

多分自分の頭の中で自分の持っているお金を妄想しているのだろう。

部屋へ戻りパソコンに向っていると、少したって長男はいきなり起きて自分の部屋へ戻って行った。

昨日は朝から静かだったが言っていることがおかしかった。

朝に「お父さん薬を飲んで、俺も飲んだから。」と飲んでいないのにそんな事を言って来たり、夕食後には、「お父さん仲間。」と言って来たり、妻には、「信じているよ。」と言っていた。

自分が入院させられると思っているからなのか?

妻が寝ているとことへ長男がやって来て、「タバコ、お母さんタバコ!」と言ったが、妻が返事をしないのでまた「タバコをくれと!」と何度も言い始め、次第にはエキサイトをして来て下へ降りて行った。

妻がやっと起きて下へ降りて行きタバコをあげるとまた大きな声で何かしら叫び始めた。

妻が部屋へ戻りまた床へ入り寝た後に私が下へ降りて行くと、「何開始手へ降りて来るのだ!おかしいんじゃないか!」とわけもわからないことを言い始め、二階へ上がって行って妻の元へ来て、わけも解らないことをまた言い始めた。

そして部屋の戸をバタンと勢いよく閉めて、二階の自分の部屋へ行き大きな声で叫び始めた。

しばらくして、下へ降りて行った。

妻が昨日もおかしかったらしく、何もそれ以上言わなかったが、今日は昨日以上おかしいようだ。

夜病院へ連れて行って一週間目になるが、またこの前のような起きなければいいと思っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。