一日の始まり

06/10/29 今朝は一度1時頃に目が覚めたが、結局3時半頃に起きた。

いつものように、コーヒーを煎れに下へ降りて行くと長男の部屋から明かりがもれていた。

寝ているのか部屋からは物音ひとつ聞こえてこない。

コーヒーを煎れているといきなり戸を開け近づいて来て「俺は男から嫌われているんだとよ!」と言ってきたが黙っていると部屋へ戻って行った。

昨日の朝と夕方に薬が切れていたせいか、私に対して「お前は単純だ!俺の勝ちだ!」と言うような事を言っていた。

多分、病院が変わって入院することが無くなったと思っているのではないかと思う。

妻の話では、病院での態度と家での態度が全然反対で、診察で入院する必要性がないと思われることがあるらしいと、看護婦さんが話していたそうです。

「一日の始まり」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。