一日の始まり

 06/11/05 今朝2時ごろに、長男が寝ている私の側へ来て「ごはんを作って!」と言って来たので一度目が覚めたが、寝ているふりをしたら部屋から出て行った。

それからまた寝たが、3時半頃に目が覚めた。

いつものようにコーヒーを煎れに行くと、長男の部屋の戸の隙間から明かりが漏れていたので静かに覗いて見ると、部屋で寝ていた。

二度寝すると言うことは、多分この数日あまり寝ていないのだろう。

部屋にはカップラーメンと箸が置いてあった。

昨日は午後から外へ出たり入ったりしていたが、体が痛いと言っては私の所へ来て一時間もたたないうちに三度も揉まされた。

夕方になると分けも解らないことを言い始めた「おやじは男になれ!」「お母さんは女になれ!」と言うような事をいいはじめた。

夕食を食べた後薬を飲まないで、7時半頃に妻に体を揉んでもらうと寝てしまったようだ。

朝テーブルを見ると薬を飲んだ後があったが、よく見ると袋の中に少し残っていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です