一日の始まり

06/11/06 今朝も1時頃に一度目が覚めたが結局4時に起きた。

いつものようにコーヒーを煎れに下へ降りて行くと、長男の部屋の開いている戸を覗きこむと、電気は消えていてまだ寝ているようだ。

部屋へ戻りパソコンの前に座りコーヒーを飲んでいるが、いつもならそろそろ長男が何かしら始めるのだがまだ起きてこない。

今日は朝から雨が降っているようだ。

週間天気予報によると、今週は雨か曇りで天気の良い日はないようだ。

天気予報が外れることを祈りながら二杯目のコーヒーを飲む。

6時近くになると外も明るくなってきて、カラス等の囀りが聞こえ始めてきた。

昨日の長男は妻が出かけているとき、外へ出たり入ったりし、そのたびに体が痛いから揉んでくれと私に来た。

私はそのたびにいやいや揉んであげた。

いろいろと話しかけてくるのだが、言っていることは妄想なのか想像なのか訳のわからないことを言ってくるので、ただ黙って聞くだけ返事のしようがないのだ。

私たの事をいきなり「あ、本物のお父さんだ。」と言うような事をいつものように繰り返し言ってくる。

もう6時すぎなのにまだ家族は寝ている。

そろそろ仕事に行く準備をしなければならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です