一日の始まり

06/11/18 今朝は3時半前に目が覚めた。

家の中は静まりかえっている。

外からは高速道路を走る車の音だけが聞こえてくる。

ふだんより多い気がする。

多分休日のせいなのか

長男も寝たいるのだろう。

何時ものようにコーヒーを煎れに下へ降りてみると、長男の部屋からは戸が閉め切り換気扇の音と、ストーブの音が聞こえてくる。

二杯目のコーヒーを煎れにまた下へ降りる。

長男の声が部屋から聞こえてきた。

「お父さん、お母さん・・・・?」「ばかやろう!このガキが!」と言う声が聞こえてきた。

意味不明な事を言っている。

しばらくしてから、私の所へ来て「お父さん。」「ごはん」と言ってきたので、下へ降りご飯の準備をしていると、「お父さんもご飯を食べて薬を飲むんだよ。」と言いました。

そして準備のできた味噌汁を少し食べて直ぐに薬を持って部屋へ戻って行きました。

昨日の日中は調子がよかったようで、妻と病院へ行ってきたそうです。

ところが夕食後からおかしくなってきて、私が二階へ行っていると台所で「ガチャン!」と音がした。

妻に聞くと食器戸棚のガラスを割ったそうです。

妻も部屋へ来てテレビを見ていると、今度は浴室からか「ドタン!バタン!」と聞こえてきました。

少したってから今度は、私たちの部屋へ来て妻の側で寝ている愛犬に「どけろ!」と言って、自分が妻の側へ寝始めましたが、直ぐに部屋へ戻って行きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。