一日の始まり

 06/11/05 今朝は4時半頃に目が覚めたが、まだ寝て痛いような気分だったが今日も仕事があるので何とか起きた。

何時ものようにコーヒーを煎れに下へ降りると長男は寝ているようだった。

二度目のコーヒーを煎れに行くと起きていたようで、私の側へ来て耳元で「愛媛のミカンジュースを送ってきたやつは偽物だ!」「お父さんそいつらにぼこぼこ殴られたじゃないか!」と言ってきたので黙っていたら「わからないのか!」と何時ものように妄想が始まった。

朝からこんな話を聞かされると具合が悪くなってくる。

カーテン越しに外を見ると太陽が昇りかけ朝焼けが見える。

今日は晴れるのか、雪は降っていない。

昨日仕事から帰って来ると、長男は静かにしていたが時折妻に「そろそろ体を揉みほぐしていいよ!」と何度も言っていた。

妻が体をもにほぐしてあげると何日振りかでお風呂に入ったようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。