一日の始まり

06/12/23 今朝も何度となく目が覚めて結局3時半ごろに起きた。

何時ものようにコーヒーを煎れにしてへ降りると、長男が起きたようだ。

昨日は自分の部屋へ寝たようで、妻も愛犬も安心して寝ている。

部屋へ戻りコーヒーを飲んでいると、長男が部屋へやって来て「お父さんコーヒーを煎れてくれ。」と言ってきたので下へ降りコーヒーを煎れてあげた。

少したってからまた部屋へ来て、私の側で手を合わせお祈り?をし始めた。

そして、「お父さん、部屋つけて?」というような事を行ったので「意味がわからない。」と言ったら、「片付けて」という意味だと言ったので、下へ降り片付けようとしていたら、長男が布団にもぐりこみ「ああ、だめか」と言うようなことを言っていた。

多分お祈りをすれば自分の言うとおり?するのではないかと思っているではないか?

部屋へ戻るとまたやって来て、「お父さん!」「ストーブだけ二階に持ってきて!」と言ったので、変なことにならない内にと思いストーブを前に寝ていた二階の部屋へ持っていった。

実はまたパソコンが欲しいらしく、何度もパソコンの前に座り除いているのだ。

この前「お父さんパソコンを買って!」と言われたが、何せ今まで3台?程買ってあげて全て壊してしまった。

だからもっと落ち着くまでは買ってあげる事はできないし更に、プロバイダーの契約をしてあっても、自分で何度も違うプロバイダーに申し込んで、申し込みの催促に電話があると私がいつも事情を説明して断っている。

昨日は私が仕事から帰って来て夕食を食べていると、いきなり「・・・・・。」「ババア以外はみんな死ね」と言ってきた。

部屋へ戻っていると私のところへ来て「今の自分に戻るから、体を揉んで!」といった来てが、ちょうど、次男の体を揉んでいたので黙っていら、急に怒り出して下へ降りていった。

その後戸がバタンと強く締めたと思っていたら、大きな声で何か叫んだ。

妻がお風呂から上がって揉んであげると寝てしまったようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。