一日の始まり

06/12/31 今朝は4時前に起きた。

2時ごろに一度目がさめたがまた寝てしまった。

何もこんなに早く起きる必要がないのだが、今までの生活習慣というより性格なのか。

いつものようにコーヒーを煎れに下へ降りると静まり返っていた。

長男は寝ているようだった。

一度私たちの部屋へ寝たようだったが、自分の部屋でまた寝たのだろう・

二度目のコーヒーを飲んで今はダイエット茶を飲んでいる。

日記を書き込もうとし始めたころに、起きてきた長男が部屋へやって来て「お父さん保護してくれ」「保護するところへ入れてくれ」と何度も私に言ってきた。

保護と言うことは、保護入院と言うことなのか長男に問いかけようとも思ったが、言って来ることがそのときによって変わってくるのでただ黙っていた。

この数週間前にも同じ事を言っていた。

やはり被害妄想的になっているせいなのか?

昨日の長男は言うことはいつものようなのだが、行動は比較的にいつもよりおとなしくしていたように感じられた。

数年前に始めて宮城県の名取市にある精神病院へ入院した時、CDプレーヤーを盗まれたといって、自分から独房へ入りたいと言って数週間入っていたことがあり、そのときも被害妄想が激しかった。

今回とはまた様子が違うが。

ついでその入院のときのことを書くと、一度通院していた市内の病院へ本人同意で入院したのだが、その日のうちに家に帰りたいと言って、妻がかわいそうになってしまいその日のうちに帰ってしまった。

結局その病院がいやで、一関の病院へ3ヶ月ほど通院しまた市内の病院に通院していたのだが、やはりだんだんと薬を飲まなくなり名取の病院へ入院することになった。

そのとき医院長先生と話し合い、入院させる条件で後は知らん振りしないことを約束させられ、私は「一週間に一回必ず面会に来ます!」と言って入院させることになったのです。

本人も同意したが、精神科の部屋でなく「普通の部屋でなければいやだ!」といったので、その日は私が長男と一緒に入院しました。

ちなみに私は入院ではなく、付き添いということです。

次の朝、長男がまだ寝ているのを見計らって家に帰ってきました。

病院ではその後、長男を精神科の病棟へ移したそうです。

その後先生との約束を守るためだけではなく、一週間に一度3ヶ月間通いました。

入院したのは、長男が18歳の誕生日を迎えた次の月の11月でした。

とにかく雨の日も雪の日も。高速道路を制限速度以上で走り、約1時間ほどだと思いましたが通い続けました。

毎週では高速道路の料金がかかるので、朝6時ごろに家を出て国道を休憩を取らないで息子に会いに行きました。

冬の高速道路を走っていると、反転している車を見たり、いきなりフロントガラスが真っ白になったのでどうしたのかと思ったら、枝に積もっていた雪が突風で飛んできたのでした。

そのときは前が全然見えなくなり恐怖を覚えました。

お正月には始めての泊りという事で、私が御用納めが終わってから迎えに行きました。

初めての泊りだったので、帰らなくなるのではと心配でしたが、素直に帰ってくれました。

その病院で入院していた3ヶ月間で、同じ生年月日の友達や年上の人とも仲良くなってきて、だんだんと良くなってきました。

その後は9ヶ月間ほど、2週間ごとに通いまた市内の病院へ通院するようになったのです。

ところが、また薬を飲まなくなり二度目の入院をしたのでした。

長くなってしまいましたが、今まで薬を飲み続けてくれればこんなにひどくならなかったのではと思い、残念です。

今年も今日で終わり。

来年こそは良い年であればいいなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です