一日の始まり

07/01/18 夜中に、一度目がさめ、時計を見たらまだ2時ごろだったような記憶がするが、まだ早かったのでまた寝て、4時前におきた。

長男が、夜中に何度となく部屋へ来ては寝てみたり、おきては自分の部屋へ行ったりしていたのが、夢心地に覚えている。

夜寝るときは、部屋へ来て布団に寝たと思ったら、自分の部屋へ戻っていった。

多分、寝ていないのかも?

昨日仕事から帰ってくると、「お父さんパソコン買って!」と言われたので、黙っていると「お金がないんだね。」とまともなことを言ったと思うと、いつものように「隣の子供は?(もう二十歳をすぎている)・・・・!」と意味不明なことを言っていた。

寝るころに、私に「お父さん、保護して!」と言っていた。

保護とは入院させてくれととも聞こえるが、その時その時で変わっているので、黙っている。

今は、部屋へ来て布団に寝ている?ようだ。

さあ、今日も仕事。

ひざと、腰と、肩に温熱シップを貼り仕事に出かける。

一日の始まり

07/01/17 今朝は4時半前に目が覚め起きたのだが、何かしらあわただしく出かけてしまい、日記を書き込む時間がなくなって今書き込みしています。

今朝は、寒くないようで、反射式のストーブで十分暖かい感じがしました。

ちなみに、背中のそばへおいているので、たぶん寒く感じないのかも知れません。

道路も、日陰のところ意外は雪も融けています。

今年は、昨年より今のところ暖かいのかも?

このまま春まで続いてくれればよいですね。

一日の始まり

 
07/01/17 今朝は、4時ごろに目が覚めておきた。

その前に、一度目が覚めたのが時計を見たらまだ、2時ごろだったのでその時はまた寝てしまった。

長男は、自分の部屋で寝ているようだったが、コーヒーを飲んでいるところへやってきて、あくびをしていた。

寝ていないのだろう。

—————————————————————————————

私は十数年前、厄年の前厄?なのかわからないが、ちょうどそのあたりに中心性網膜症(ものを見ると黄色く見えたり、テレビの字幕が二段に見え片方は普通に、もう一方の目は黄色に見えてくる。)、自律神経失調症、うつ病などに一度にかかってしまった。

仕事、父親の死、家庭の問題が一度に重なってしまい、一日二時間しか寝られないことが続いてしまったからだと思う。

睡眠薬代わりに飲んでいた、お酒を飲んで寝ても、二時間ぐらいたつとすぐ目が覚め後は朝まで寝られなくなり、脈拍も220まで常にあがっていた。

父親が死ぬ前に、私に母親と同居してくれということで、葬式も終わりしばらくしてから同居を始めたのだが、妻
私は次男の嫁に来たのだ。」「同居の話は聞いてない!」と言って、家を出てしまったのだった。

ちょうどそのあたりに、長男がおかしくなってきたあたりで、父の葬式のときに、和尚さんがお経をあげている時に、「うるさい!」「静かにしろ!」というようなときだったので、妻もわけがわからない状態だったのではないかと、思っている。

その後初盆に私が交通事故を起こしてしまい、車のエンジンが壊れるくらいの衝突を起こしてしまい、そのときに、妻が事故現場へ来てから、母親が長男の所へ行くことになって、妻がやっと戻ってきたのです。

以上、私の昔話です。

今でも薬は飲み続けています。

中心性網膜症は、薬は飲んでいないのですが、完全に直ることはなく今でも時々黄色に見えることがあります。

一日の始まり

07/01/15 今朝は5時近くに目が覚めてしまい、あわてて起きていつものようにコーヒーを入れに下へ降りようとしたら、部屋へ寝ていた長男が起きて自分の部屋へ行った。

下へ降りると長男が寄ってきて「タバコをくれ!」と強い調子で言ってきたが、すぐに「タバコを下さい。」と言い変えて来た。

なんだ、普通に戻ったのかなと思っていたが、部屋へ戻りタバコをあげると、しぐさがいつものようとおりに戻って、言うこともいつものような感じになった。

そのとき、そのときで気分?が変わってしまう。

外を窓越しにのぞいてみると、屋根が真っ白!

また雪が降った。

外へ出て車の雪をかいてみると、サラサラの雪で、スノーパウダーのような感じがした。

スノーパウダーと言うと思い出すのはスキー!

この十数年滑っていない。

子供が小学生のときが最後でその後は滑ることもなかった。

二年ぐらい前に膝の中を骨折してから思うように歩くこともままならず、ましてや走ることもできない状況で一生滑ることができないだろう。

一日の始まり

07/01/14 今朝は4時近くに起きた。

長男は自分の部屋で寝ている。

昨日は曇りがちの天気だったが、朝に雪かきをしたが、ほとんど融けてしまった。

今朝窓越しに外を覗くとちらちらと雪が降っている。

積もるくらいの雪ではない。

昨日の長男はまたいつものように意味の通じないことを言っていた。

次男に対しては何もしていないのに「殺すぞ!」と言ってみたり、わけがわからない。

通院している病院の先生に対しても「薬・・・・!」?がどうのこうと言いながら同じようなことを言ったり。

前に入院していた医院長には「今度俺のお父さんになる。」と言ってみたりしていた。

夕方には私のところへ来て「ここで寝させてくれ!」「お父さんが体を揉んだら寝るから!」と頭を下げたり。

さっぱりわからないことばかり。

会話ができないのです。

一日の始まり

07/01/13 今朝は、3時半に起きていつものように、コーヒーを煎れに下へ降りると、長男の部屋は暗く寝ていた。

昨日、寝るころに何度も部屋へ来ては戻っていって、結局自分の部屋で寝たようだ。

日中はおとなしく一人でCDを聴いたり、ゲームをして落ち着いていたようだ。

仕事から帰って来て夕食を食べた後、何気なく床を見ると赤い液体が落ちていた。

妻になんだろうと問いかけると、それを見て「血だ!」と言った。

最初は愛犬ではないかと思っていたが、犬の様子ではそうではないようなので、血の跡をたどってみると、長男の足元まで落ちていたのでそばへ寄ってよく見たら、足の親指から落ちていた。

爪の間から地がだらだらと落ちていたので、妻とカットバンを貼ってあげた。

痛みとかは、感じないようでいたって本人は冷静だった。

髪も爪も伸ばしっ放し、切ってあげると言っても返事は返ってこない状態です。

一日の始まり

07/01/12 今朝は、3時ごろに一度目が覚めたが、さすがに今朝は寒く、我が家で1台しかないエアコンをつけ、温まるのを待ってから起きた。

いつもは、反射式のストーブで我慢するのだが、さすがに今朝は寒かった。

昨日の予報では、今朝は-8℃と言うことのようだ。

昨日の日中も寒く、帰る時に事務所から外へ出たときに、滑って誤って転ぶところだった。

いつものようにコーヒーを煎れ飲む。

長男は自分の部屋で寝ている。

いつものように部屋へ来て寝るのかと思っていたら、自分の部屋で寝たしまったようだ。

昨日の様子は、日中は調子が良かったらしく何事もなかったが、夕方になってから更におかしくなってきたらしい。

私が帰って来て夕食を食べていると、自分も残していたご飯を食べにきたときに、私が様子をちらりと見ると、薄気味悪くニヤとした。

でも、一言も話もしないで部屋へ戻っていった。

一日の始まり

長男は妻の側で寝ている。

この頃睡眠時間が長くなったようだ。

昨日の長男は、「いままで隣に迷惑をかけられたのだから、迷惑をかけろ!」と言っていた。

自分がそう思っているだけなのだ。

この頃は被害妄想が激しくなってきている。

次男には名前を言いながら「・・・・・の次男はもう死んだ!」「・・・・・の次男は生きている!」と意味が通じないことを言っていた。

昨日のお天気は、雪も降らなかったし、そんなに寒くもなかった。

このままのお天気であればよいのだが。

一日の始まり

 07/01/10 今朝は4時に起床。

長男は、昨日も私たちと一緒に寝ている。

昨日は、隣近所に対して窓を開け何かしら叫んでいたらしい。

私が帰って来てからは、いつものような感じでいた。

先ほど起きた長男は、いま愛犬に目を舐められている。

今朝は調子が良いような感じだ。

昨日降った雪は、帰るころになると道路は少し融けていたが、今朝は逆に凍っていなければ良いが。

まあ、雪かきをすることを考えれば良いと思わなければ。