一日の始まり

08/01/26 今朝は4時半ごろに目が覚め暖房を入れそのまま起きる。

昨日洋画劇場などを見て寝ようとしたら時計は11時を過ぎていた。

なかなか寝られないのでなぜかと考えてみたらいつもの安定剤を飲んでいなかった。

この前は仕事に行ったら何故かぼんやりとしていて、

心臓が重苦しい?感じがした一日だったので、

何故かと考えたらその朝は薬を呑んでいなかった。

昨日の次男はいつもの時間に起きて、仕事へいく準備をしてこたつに二度寝をしていた。

昨日も、屋根には雪が積もっていたのでまた「今日は仕事は休み」と電話が来るのを待っているようだったが、

電話は来なくいつものとおり仕事に出かけた。

仕事から帰ってくるといつものように「お帰り」と言うと「ただいま」と答えていたが、食事が終わった後私の部屋へ来て

「今日は疲れた、いつもよりハードだった」「手が疲れた」「やっぱり仕事をしないで家にいるほうがいい」と言い出したので「しょうがないだろう」と答えた。

この調子では、やはり長続きしないのかも。

薬を呑んでお風呂に入った後も部屋へやってきたが後はそのことは言わないで少したって9時半ごろに自分の部屋へ戻って寝た。

長男は、昨日妻が面会に行き様子を見たが左手を机に叩きそうになると右手でその手を戒めるように叩いていたそうだ。

看護師さんに様子を聞くと、比較的に落ちついていると言う事で、今日は予定通り外出をさせることにした。

まだまだ悩みは尽きない・・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です