一日の始まり

?

 08/02/03 今朝は3時半ごろに目が覚めいつものように暖房をつけ、

 

 少し部屋が暖まってから布団から起き出す。

 

 コーヒーをいつものように入れてパソコンの前に座り飲む。

 

 今朝も寒い。

 

 昨日の次男は朝いつもの時間におきいつもの時間に仕事に行くのかと思っていたら、

 

 「今日は休むかな、喉が痛いから」と言いはじめた。

 

 私は黙って二階に上がるとまもなく玄関の戸を開ける音がして、

 

 車が走っていく音が聞こえた。

 

 次男が仕事に行ったのだと重い下へ降りていると、

 

 まもなく車が家の駐車場へ止まる音が聞こえた。

 

 次男が帰ってきたのだった。

 

 家に入ってくると「やっぱり休む」と言って結局昨日は休んだ。

 

 10時ごろ長男を迎に病院へ妻と二人で出かけた。

 

 玄関を入り受付で、外出のため向かえに来たことを告げると、

 

 そのことを受付の事務員さんが病棟へ電話をした。

 

 病棟へ行きブザーを鳴らすとすぐに看護師さんがやって来た。

 

 ドアを開けてもらい私たちは長男が来るのを待った。

 

 なかなか長男はやって来ないので看護師さんが呼びに行った。

 

 すると長男が来たので病棟の鍵を開けてもらい病院を出て車で家に帰った。

 

 家に帰るといつものようにCDの音をを聞き始めた。

 

 昼食を終え私はお昼寝をしていると長男がやって来て

 

 「お父さん起きて」と何度か言って来たので仕方がなく起きた。

 

 ただ妄想的なことを言いに来て私のタバコを吸っていた。

 

 タバコは家に帰って来ると立て続けに何本も吸う。

 

 5時間ほどで10本以上吸う。

 

 そんなに吸わないように注意するのだが聞いているのかいないのか。

 

 私が下へ降りていくと長男も降りてきた。

 

 またZARDとGLAYのCDを聞き泣きそうになった。

 

 いつものこと。

 

 病院へ帰る時間になり長男に髭剃りを買いながら戻ることを言うが、

 

 中々動こうとしないので怒りながら何とか車に乗せ病院へ戻った。

 

 来週の土曜日は父の13回忌。

 

 長男を連れて行くわけには行かないのでそのことを話すが「自分も行く」

 

 と言い始めたが何せ父のお葬式で和尚さんがお経を上げているとき

 

 「うるさい!」と言って和尚さんに睨まれたことがあったこともあるので、

 

 いずれ今の状態では連れて行くことは出来ない。

 

 家に帰り夕食を食べた後次男が部屋へやって来て

 

 「お父さん障害者手帳をもらったほうが良い」と聞いてきた。

 

 自分では普通に仕事が出来ないと感じてきたようだ。

 

 入院しているときにも手帳の話はしたのだが・・・。

 

 本人は普通に生活をして仕事も出来ると思っていたのだ。

 

 いづれ私も後5年ほどで退職。

 

 薬代も馬鹿にならない。

 

 国民年金も今は私が納めている。

 

 いつまでも私も妻も生きているわけでもないのだから。

 

 その後もいろいろ話しをして今度の水曜日に次男と一緒に病院へ行くことにした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です