一日の始まり

?

 08/06/25 今朝は3時半ごろに目を覚ましそのまま起きる。

 

 急に余震が昨日の夜にも一度感じたがさほどの揺れではないがまだ余震は続いている。

 

 いつものようにコーヒーを入れパソコンに向かう。

 

 カーテン越しに窓の外をのぞくともうすでに夜は開け空は雲に覆われているが東の空は雲の切れ間から日がさしている。

 

 今日は朝から晴れている。

 

 昨日は仕事に出かけるころには降っていた雨も上がり日中は雲がかかっていたが晴れていた。

 

 仕事から帰り玄関を開けるといつものように愛犬が出迎えてくれた。

 

 居間に行くと次男がテレビを見ていた。

 

 「ただいま」と声をかけると「お帰り」と小さな声で返事をした。

 

 テーブルを見ると昨日ハローワークに行って来たようで求人票が二件置かれていた。

 

 「ハローワークに行って来たのか」と言うと「ああ」と言葉少なげに返事をした。

 

 求人票を見ると一つは商品の陳列と手配でもう一つはお弁当屋さんで配達の仕事のようだ。

 

 次男は商品の陳列の仕事が気に入っているようで高校時代にアルバイトでコンビニに勤めたことがあり仕事的にはやりやすく覚えにくくなった次男に丁度良い仕事のようだ。

 

 夕食を食べ終わりお風呂に入り部屋にいると妻がいつものように足をさすりに来た。

 

 その直後電話が鳴り妻が取ろうとしたら居間で次男が受話器を取ったらしく電話のなる音が切れた。

 

 足をさすってもらった後下へ降り次男に聞くと「明日15時に面接をしに来るように言われた」と言った。

 

 自分がこれが良いと思った会社からでもう一つのほうはなぜか電話が来なかったようだ。

 

 いづれ決まってくれれば良いが決まらなくても焦らないで気に入った仕事についてくれれば良いと思っている。

 

 長男は昨日妻が洗濯物を取りに行った時私と同じぐらいの年の看護師さんと外出のことについて話をしてきた。

 

 前よりはだいぶ落ち着いてきたようだが自分の身の回りのことはやはり出来ないようだ。

 

 妻にも言ったのだが長男はそれ以上望むのは難しいことで退院した後は自分のことが出来れば良いのだが静かに音楽を聴いたりしていればそれで良い仕方がない。

 

 その看護師さんは外出の事について先生に話をして更に担当の看護師さん三人で話をして見るそうだ。

 

 また外出をして状態が悪くなったらまた考えることにしてきたそうだ。

 

 それしかないと私も思っている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。