一日の始まり

?

 08/07/22 昨日もテレビを見ていて9時ごろには眠くなりそのまま寝てしまった。

 

 11時ごろテレビの音で目を覚まし消してまた寝たが1時過ぎにまた目を覚ましてしまい後はうつろうつろとしながら寝て結局今朝は3時半ごろに起きた。

 

 窓の外から屋根に落ちる雨音が聞こえてくる。

 

 昨日夕方から振り出していた。

 

 天気予報ではもう梅雨明け宣言が出されたのだが今年は梅雨らしい梅雨もないまま夏になってしまったと思っていた。

 

 昨日のテレビのニュースでは気温が38℃もあったところがあるようだがこちらはそれほど暑くなかった。

 

 いつものようにコーヒーを入れパソコンに向かう。

 

 昨日は午前中次男と一緒に出かけた。

 

 外は少しむっとした感じのするお天気だったが車のエアコンをかけると私は寒く感じたので噴出しの向きを変えたが次男は寒くは感じないようだった。

 

 歳の違いで体感温度が違うのか。

 

 買い物を終え家に帰り後はお昼を食べ定番のお昼ねをした。

 

 次男は12時前には着替えをして1時からのアルバイトへ12時半前に出かけた。

 

 出かけるとき「行ってきます」と私に声をかけてから出かけた。

 

 午後から空は雨模様になってきて夕方には小雨が降り出した。

 

 5時過ぎに次男がアルバイトから帰って来た。

 

 着替えを終え居間にやって来て「明日から木曜日まで休み」と言い食事を始めた。

 

 「今日はどうだった」と聞くと「50円と100円のおつりを間違ってしまうところだった」と言っていた。

 

 そのことはお客さんが気づいてくれたそうで何事にもならなかったようだ。

 

 ただ店長さんに「お客さんに対する対応が悪い」と言われたようで「もっと簡単なアルバイトにすれば良かった」と言っていた。

 

 次男は頭が回らないから細かい事に気づかないのだろう。

 

 食事を終えお風呂に入り部屋へ戻っているといつものように妻が足をさすりにやって来た。

 

 少したって次男もやって来て私の横になっているそばへ横になり三人で雑談をし始めた。

 

 「お母さんの背中出ている」と言って背中を指で押すと妻が「止めなさい」と注意をする。

 

 「部屋の中が暑い」と妻が言った。

 

 雨が吹き込んでくるので窓を閉めていたのだ。

 

 私は特に暑いとは感じないが妻がエアコンをつけてと言うのでつけると次男が扇風機までつけた。

 

 そのうち次男はお風呂に入りに下へ降り妻も足をさすり終わり部屋を出て行った。

 

 一人でテレビを見ているとまた次男がやって来て「あああつい」と言いながら部屋へ入って来た。

 

 私の横にまた寝てテレビを見始めた。

 

 そのうち私のおなかに手をあて「ああ気持ちがいい」と良いながらさすり始めた。

 

 しばらくすると私のおなかに頭を乗せやはり「気持ちがいい」と言った。

 

 この前は「ウォーターベットみたいだ」とも言っていた。

 

 小さいころ寝るとき長男を右腕を次男を左腕を枕代わりにさせて二人で私のおなかをさすり「気持ちがいい」と言いながら寝ていた。

 

 子供のころにでも戻ったのか。

 

 9時近くになりエアコンを消すと次男は「お休みなさい」と言って自分の部屋へ戻っていった。

 

 さあ三連休も終わり今日からまた仕事へ体にむちを入れながら・・・・。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。