一日の始まり

?

 08/08/10 今朝は3時頃に一度目を覚ましたが流石に疲れていたからかまた寝てしまい4時ごろに起きた。

 

 今朝は昨日の朝と違い肌寒い。

 

 いつものようにコーヒーを入れパソコンに向かう。

 

 カーテン越しに窓の外をのぞくと空はまだ薄暗く高速道路を照らす外灯の明かりが見える。

 

 昨日は日中暑く夕方から7時ころまでエアコンをつけていたがだんだん寒くなりエアコンを止めた。

 

 朝方次男が7時ごろ起きて私の部屋へやって来て「お昼は牛丼が食べたいないときは鮭のおにぎりで良い」と言って私の布団に横になり寝てしまった。

 

 朝8時ごろ整形外科へ出かけ帰って来ていつもの土曜日と同じく長男を外出させるため10時前に妻と二人で病院へ向かった。

 

 病院へつき長男を連れ出し車に乗せいつものように畑により妻と長男を置き昼食のお弁当などを買って一度家に戻った。

 

 家に入ると次男が起きてお弁当を待っていたようで居間でテレビを見ていた。

 

 次男にお弁当と飲み物を渡し妻と長男を畑に向かいに行き車に乗せ家に戻った。

 

 昼食を食べ私はいつものようにお昼寝をした。

 

 一時間ぐらい寝たようだ。

 

 そのうち次男がやって来て私の部屋で「暑い」と言いながらテレビを見始めた。

 

 やがて長男が「お父さんタバコ頂戴」と言いながら部屋へ入ってきた。

 

 一本上げるとタバコをくわえ100円ライターで火をつけて黙って吸っていた。

 

 吸い終わると後は下へ降りて言った。

 

 3時頃に妻が自分のいたところを掃除をさせ戻る準備をさせ3時半ごろ妻と私と長男で病院へ戻った。

 

 病院へ戻ると妻が看護師さんに家出の出来事を話していた。

 

 「今日もいつものようで手をばたばたさせたりしていました」「それでも畑を30分ぐらい手伝い帰る時自分の周りを掃除させました」と言っていた。

 

 私が家で見たときはCDを聞いて静かにしていたように見えたが「手をバタバタ」とまたいつものようにしていたのか。

 

 ただ「また来週外出」のことを何度か聞いていたのと「先生に外泊のことを話して」と言ってはいた。

 

 長男を病院へ置いて途中で買い物をして家に戻った。

 

 家に帰ると次男は5時から10時までのもうアルバイトに出かけていた。

 

 ズボンを買うと言って早く出かけると言っていたのだ。

 

 家では愛犬が私たちを待っていて玄関を開けると一生懸命妻にじゃれていた。

 

 後は夕食を食べお風呂に入りテレビを見ながら妻に足を擦ってもらい次男の帰るのを待っていた。

 

 10時半ごろまで眠い目を無理やり開け待っていたが睡魔には勝てずそのまま寝てしまった。

 

 夜中トイレに行きたくなり寝ぼけながら下へ降りるとちょうど次男と顔を合わせた。

 

 次男は「お帰りなさい」と私に言っていた。

 

 「お帰りなさい」?「ただいまでは」と思ったが用を足して部屋へ戻りまた寝た。

 

 時計を見たら12時近くだった。

 

 もう5時を過ぎた。

 

 外ではカラスが「カァカァ」うるさいくらい泣いている。

 

 カーテン越しに窓の外をのぞくとだいぶ明るくなり空は青空が見えている。

 

 今日も暑くなるのか。

 

 次男は9時から夕方の5時までのアルバイトで7時に起こすことにしている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です