一日の始まり 2006/09/08

?

 06/09/08 今朝は3時過ぎに起きた。

 昨日は仕事から帰ってくると。長男は部屋を閉めて静かにしていた。

 夕食を食べて部屋へ戻っていると、長男がやって来ていつものように体を揉まされた。

 そして「おやじ、この世界にいてもしょうがないんだから、??と地獄へ行け。」と言ってきたので黙っていたら部屋へ戻っていった。

 その後下へ降りて飲料水を飲んでいると、「なにをいつまだたっているのだ。」とか意味のわからないことを叫び始めた。

 私は静かに部屋へ戻り乗ることにした。

 妻も部屋へ来て寝ようとしたら、長男がやってきて布団に横になり妻に体を揉ませた。

 そして寝ている夜中にも意味不明なことを言ったり、体を揉めと言ってきたりで熟睡できない。先ほど長男は起きてお風呂に入った。

 そして部屋へ来て私に、「体を揉め。」と言ってきたので揉んでやると「お父さん今はユー時代だぞ、セガ(犬の名前)は死ぬ。」と言いながら部屋へ戻っていった。

 その後、何度も部屋へ来て妻に体を揉むように要求してきた。

 寝ているのもかまわず。私には「お父さんは、人工皮膚の人たちに殺される。」と言ってみたり。「俺がが外へ行くと殺される。」といったり、幻想、妄想が始まった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です