一日の始まり

?

 08/12/14 今朝は2時ごろ一度目を覚まし2時半頃には起きてしまった。

?

 ストーブをつけ部屋が暖まってから布団から置き出たのは3時ごろ。

?

 パソコンに向かう。

?

 このブログ「精神障害者とその家族、Mentally disturbed person and the family 」を昨日WordPress 2.7にアップグレードをして管理画面に入れ一安心したのだが何故かいろんな設定をする時プログラムが重くて何度かいじっていたのだがあきらめてレンタルのXサーバーから一度削除しバックアップを取っていた元のバージョンをレンタルサーバーにアップし記事も復旧し何とか今日また日記を書ける状態までもっていった。

?

 朝から疲れる・・・・。

?

 パソコンの時計を見たらコーヒータイムの時間になったので置時計をさらに見たら置時計のほうが数分進んでいる。

?

 確か一昨日まではパソコンの方が15分程度進んでいたのにどうしたのか。

?

 コーヒーを入れに下へ降り台所でお湯を沸かしていると愛犬がやって来て眠気顔?で一生懸命に声を出しはじめたので見ると水が無くなっていた。

?

 水を入れた器を置くとピチャピチャと音を立てながら飲み始めた。

?

 コーヒーをいれ終わりまだ水を呑んでいる愛犬を後にして部屋に戻りいつものようにぽそこんに向かい日記を書き始めた。

?

 昨日は確か夕方から雨が降っていた気がしたが日中はどんよりとしたお天気だった気がする。

?

 朝いつもの土曜日の朝と同じに整形外科へ通院して家に帰ると次男が起きていた。

?

 新聞にはさんである家電量販店の広告を一生懸命?見ていた。

?

 「地上デジタルテレビ」が欲しいのだろう。

?

 「お父さん楽天で15万円で売っていた今が買い時だ」と私に言ってきたが「そのうち新しい機種も出てもっと安くなるから」と言った。

?

 たった一つの楽しみ「地上デジタルテレビ」しか頭にないようだ。

?

 10時近くになり妻と長男を向かえに精神病院へ出かけた。

?

 精神病院へついて「そういえば先月の入院費を払わないと」と思い出した。

?

 どうもこの頃忘れやすくなってきた。

?

 受付で長男の外出で向かえに来た事と入院費と小遣いのことを聞くと「三千円赤字です」と言われた。

?

 入院費は「66,760円」小遣いは11月30日現在で「入金が12,460で出金が17,214円」と請求書と個人預かり台帳の写しに書いてあった。

?

 入院費は後から6割近く帰ってくるのだが小遣い分が月15、000円ほどにしている。

?

 入院費の足りない分とお小遣い分を長男の障害者年金から月30,000円ほどで当てているがそれでも足りない入院費や衣服費などは家計費からから出している。

?

 まだ私が働いているうちは良いのだが・・・・。

?

 長男を連れ途中でお昼を買って家に戻った。

?

 長男は「いつもレトロと食品(ほっか弁やコンビニの弁当などを長男は言う)お母さんが作ったご飯が良い」と言うので次男と私のお弁当を買って家に戻った。

?

 本当はお昼を妻が作れば良いのだが面倒なのと次男も私も?文句?を言うので作らないのだそうだ。

?

 前は休みの日のお昼はほとんど私が何かしら作って食べさせていたのだが。

?

 休み以外の朝も。

?

 次男は買ってきたお弁当を食べ12時半ごろにはアルバイトに出かけていった。

?

 私はいつものようにお昼寝をしていると長男が三度ほどやって来ては私の寝ている布団にもぐりこんできた。

?

 何時もなのだが何かお祈り?見たいなことをして私の布団にもぐりこんでくる。

?

 たぶん長男的に「外泊が出来るように」と思いそういう事をすると自分の願いがかなうと思っている。

?

 入院する前はお祈りして着替えをし「俺は・・・・だ」「80才?になる老人だ」とか「今は2020年だ」と未来に行ったり過去に戻ったりしていた。

?

 着替えをすることにより自分が変わるとでも思っていたようだ。

?

 これって妄想遊び?。

?

 帰る時間になり車に乗り走り出すと「俺には面会と外出と退院しかない」と言ってみたりしていた。

?

 昨日はこの前とは違い顔つきも悪かった。

?

 精神病院へ戻り看護師さんに家での様子とその事を話をした。

?

 看護師さんからは「この前の外出した日の夜寝ないので眠くなる薬を飲ませたら寝たようです。」「この頃私たちの言うことも聞かなくなることがあるのです」と言っていた。

?

 症状はいくらかは良くなってきているのだろうがそれ以上良くなる事も無いようで落ち着いてきているわけでもないようだ。

?

 薬を呑んでいて一度止めてしまうともとに戻ることは出来ないがもとに近くなるまで戻るのに時間がかかるとも言われた。

?

 一度目の退院の後も薬を呑まなくなり二度目の入院。

?

 二度目の退院の後も二週間ほどで薬を止めてしまい三度目の入院。

?

 と言うことになってしまった。

?

 四度目の入院はもう沢山でいざ入院させるとなると本人が入院するという任意入院で無いと中々入院させられない。

?

 強制入院となると昔数年前には警察も動いてくれたのだが今の制度では人権の問題で難しい。

?

 三度目の入院はたまたま長男が病院へ行くといい通っていた入院施設のない病院へ行き前に入院していた病院へ通院したいと言い出し紹介状を書いてもらいその日のうちに連れて行き丁度医院長先生に診察を受け「入院したら」と言われ長男がうなづき任意入院が出来たのだ。

?

 そのことが無ければ今も長男のこと次男のことで毎日苦しんでいなければならなかった。

?

 次男を強制入院させられたのも長男が入院していたから出来たことでそうでなければ今の次男もいない。

?

 だから長男の退院も慎重にならざるを得ない・・・・。

?

 22日の外泊のことは今度の土曜日の外出の後の状態で考えることで看護師さんと話をして家に戻った。

?

 帰る車の途中で妻の携帯がなり妻がでると次男からで「これから帰るから何か買っていくものは無いか」と言う電話だったようだ。

?

 「自分の食べるパンでも買ってきなさい」と言い携帯をきったようだ。

?

 次男からの電話も退院してから来るようになったので入院する前は来ることも無く話をしてもただ薄笑いするだけだった。

?

 妻に「バイトは確か17時までだったんじゃなかったか」と言うと「16時までだよ」と言っていたが違うのではと思いながら家に戻ると次男はもうすでに帰っていた。

?

 家に入り次男に「17時までだった気がしたが暇だったから早く帰ってきたのか」と聞くとそうだと言っていた。

?

 今日の日曜日は休みになり明日月曜日は15時から17時までと言われてきたらしい。

?

 夕食を食べた後いつものように妻に足をさすってもらい部屋にいると次男がやって来て「友達にフットサルをしないか」と誘われたと言うので「良いんじゃないか」と言うと「地上デジタルテレビを買うのはだめで何でフットサルをするのは良いのお金はかかるのに」とまるで子供?のようなことを言い出した。

?

 「フットサルをして少しでも健康的にな生活が出来るのであればいいんじゃないか」と言うようなことを言ったがどうもやるつもりが無いのか反対してもらいたいのだろう。

?

 「親に反対された」とでも言えば友達に断りやすいからなのだろうか・・・・・。

?

 わからん??・・・・・。

?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です