一日の始まり

?

 08/12/16 今朝はいや今朝も2時前3時前に目が覚め結局3時半には起きた。

 二度目に目が覚めたときストーブをつけていたので大分部屋は暖まっていた。

 パソコンに向かいメールのチェックをして4時ごろいつものようにコーヒーを入れに下へ降りる。

 居間に行くとストーブはタイマーでついていた。

 ストーブの温度計は11℃を表示していた。

 コーヒーをいれ終わり二階に上がるとき息を吹き出してみたら白く見えた。

 昨日の朝は零下5℃ぐらいだったそうだが今朝は予報では零下3℃ぐらいで少し昨日の朝よりは暖かいのだろう。

 部屋に戻りいつものようにパソコンに向かいコーヒーを飲みながら日記を書き始める。

 昨日の朝仕事へ行くため暖気運転をしに外へ出ると愛車のガラスが真っ白になっていた。

 雪が降ったのではなく霜が下り凍ってしまっていた。

 エンジンをかけ暖機運転をしながら窓の凍った霜を落とし5分ほどで見切り発車をした。

 まだいくらか白い部分が残っていたのだが走りながら融けると思い仕事へ。

 もっと寒くなると10分は暖機運転をしないとガラスの雪が融けない。

 朝は寒かったのだが日中はそれほど寒くは無かった。

 昨日のお昼仕事場で定番のお昼寝をしたのだが夜寝られなかったからかうつらうつらとしながらいびきをかいていた。

 自分の記憶にはっきりと残っている。

 仕事から家に戻ると駐車場にはもう一台の愛車が無かった。

 当たり前で次男が昨日は19時までのアルバイトに出かけているから。

 家の中に入り居間に行くと次男が居ないので「ただいま」と言う事もなくただ黙って部屋に行き着替えをして居間に戻った。

 いすに腰掛け食事を始めると愛犬だけがいつものように私のひざに前足を乗せえさをねだってきた。

 ジャッキーをあげたがまだ満足しないのでまたあげた。

 それでも足りないのか後は妻に任せお風呂に入り部屋に戻った。

 やがて妻がいつものようにやって来て足をさすり終わると部屋を出て行った。

 私も下へ降りると妻の携帯が鳴り妻が出ると次男からで「今仕事が終わったから何か買っていくものがないか」と言う電話だった。

 いつもバイトが終わると電話をしてきて「何か買うものは」と聞くのがいつものこと。

 他に携帯をかける人もいないからかけてみたいのだろうと妻と話をしている。

 友達とはメールのやり取りはしているが電話はしないようだ。

 今の若者だけではないと思うが電話で話しをしないでメールでのやり取りが多いようだ。

 私はメールは老眼鏡をかけないとそれと携帯でのメールは出来ないしないからだと思うがどうも指が動かないしやる相手もいないのでしないしていない。

 携帯に電話があってから30分以上たって次男が帰ってきた。

 居間に行くと次男が食事をしていた。

 見るとまた今日もと思うように「すき家の牛丼」を食べていた。

 それも「メガ牛丼」でよく飽きないで食べるものだと関心をしている?。

 さすがに私は日曜日のお昼の「豚とろ角煮丼で胃の調子が悪くなった。

 しばらくは肉は沢山である・・・・。

 私は部屋に戻っていると次男と妻がやって来た。

 次男が「二階で体をさすって欲しい」と言ったのできたらしい。

 次男が体をさすってもらい妻が部屋を出ると次男の「地上デジタルテレビが欲しい」が始まった。

 その事が「欲しい」と言う気持ちが無いと仕事に意欲が出ないのだそうだ。

 気持ちだけなら良いがまた立て続け?に買わないで欲しいものだ。

 お金の使い方を覚えて欲しい・・・・。

 しばらく部屋に居て「もうそろそろ寝るぞ」と言い部屋のテレビとストーブと照明を消すと次男が下へ降りていったようだ。

 今朝台所の流しを見たらその後インスタントラーメンを食べたようだ。

 食欲は人一倍以上ある。

 仕事欲もそれぐらいいや近くまででも持って欲しいものだ・・・・・。

 次男の頭の中は今は「地上デジタルテレビ」「牛丼」だけのようだ。

 今日は11時から16時までのアルバイトのようで「今度の職場は」と聞いたら「前のほうが良いかも」と言っていた。

 「100%自分の思ったとおりの仕事なんか無いんだから」と言うと「うん」と返事はしていたがさあどうだか長続きしてくれれば良いが・・・・・。

 私は今日もセコセコと仕事へ・・・・・。

?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です