一日の始まり

?

 09/02/19 今朝はいつものように夜中に何度か目を覚まし2時半ごろに布団から起き出る。

 今朝はやはり寒い。

 天気予報では今日まで寒いらしいが・・・。

 ストーブをつけパソコンの前に座りいつものようにメールのチェックをする。

 4時前にはいつものように今日の一杯目のコーヒーを入れまたパソコンに向かい日記を書き始める。

 カーテン越しに窓の外を覗くといつもと変わらない高速道路を照らす外灯の明かりと走るトラックのライトが見えてる。

 隣の部屋からは時折次男の寝息が聞こえる。

 この朝の静けさが一番落ち着く時間・・・・やはりうつだから?

 人と話をしなければしないで別に苦にならない。

 逆に話をすると疲れることが多い。

 昨日は朝方雪が降っていたが午後休暇をとり病院へ薬をもらいに行くころにはすっかり晴れていた。

 薬をもらい買い物をして家に戻り遅いお昼を食べ少しお昼寝をしていたらもう15時を過ぎていた。

 夜夕食を食べ終わり部屋で休んでいると次男がやがて帰ってきたようでいつもなら下へ降り居間に行き「お帰り」と声をかけるのだが昨日は何故か疲れて下へ降りていく気が元気が出なかった。

 やがて次男が部屋へやって来て「パソコンおじさん」「パソコン買っていいだろう」とまたいつものように話し始めた。

 困ったものでまだパソコンを買い換えてから半年ぐらいしかたっていないのだが何か買わないといられない我慢できないようだ。

 これも病気だからとは妻は言うが毎日「パソコン」攻撃をうけると疲れてくる。

 パソコンがだめなら「携帯」攻撃・・・・・。

 将来の事を考えてお金の使い方を考えてほしいもの・・・・。

 やがてあきらめた?のか部屋を出て行った。

 でも何とかアルバイトを始めて2ヶ月を過ぎた。

 このまま魔の3ヶ月?今まで3ヶ月以上仕事をしたことが無く「覚えが悪いから」と言われ自分自身も仕事が嫌になり辞めてしまっていた。

 アルバイトでも何とか続いてほしい・・・。

 ただ30代40代50代と同じバイト先で勤めることが出来るとか限らない。

 私も定年で退職まで後数年。

 将来が不安と言えば不安なのだが今はあまり考えないようにしているがやはりふっと考えてしまう。

 さあ今日も仕事へ。

 次男は今日は休日・・・・。 

 

「一日の始まり」への2件のフィードバック

  1. 初めてコメントいたします。
    私は,鬱病から現在統合失調症を患っている者です。
    私の家族は,私が鬱病になった時,土下座して謝らせたような家族ですから,家族からの支援は殆ど受けていません。逆に,両親の死に際しては,私と妹が金銭的な面も含めて世話をしなければなりませんでした。兄と姉はゴミ屋敷に住み,区役所や民生委員から連絡などは私の元に来る始末です。妹は結婚後は実家と関わりたくないと私が電話しても出てくれません。

    こんな私ですから,精神病患者と一緒に暮らし,お世話をされている姿に心を打たれました。息子さんの将来は御心配でしょうが,ご自身も,推察させていただくご年齢を考えますと,これからは無理が利かなくなってくると思います。あまり,考えすぎないようになさってください。

    統合失調症は,薬である程度症状も抑えられます。息子さんも寛解される日がきますよ。こんなにご両親に恵まれていらっしゃるのだから。簡単に言うな!とお思いでしょうが,先のことは悪く考えても仕方ない,と知人に,私自身言われていますので,励ましになれば,と思い,言い切った次第です。お気を害されたら申し訳ありません。

    それでは,ご自身と奥様の体調を優先されて,無理の無い範囲で頑張ってください。これも,口で申し上げるほど簡単なことではないとはわかっておりますが,申し上げずにはおれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です