一日の始まり

?

 09/03/02 昨日は20時ごろに寝てしまったが21時ごろに目が覚め0時前にまた目が覚めその後は一時間置きぐらいに目が覚め2時半ごろに布団から起き出る。

 ストーブをつけいつものようにパソコンに向かいメールのチェック。

 昨日から3月に入ったのだが朝はまだやはり寒い。

 4時前にいつものように今日の一杯目のコーヒーを入れまたパソコンに向かい日記を書き始める。

 昨日次男は7時ごろには起きて部屋にやって来た。

 「パチョコンオジチャンおはよう」と言いながら。

 「パチョコンオジチャン今日は何時ごろ出かける」と聞いてきたので「10時ごろだからまだ寝てて良いよ」とあくびをしている次男に返事をした。

 しばらくストーブの前で横になり自分の部屋へ戻っていった。

 8時過ぎにまた次男がやって来て「お父さんドラックストアやスーパーにも寄りたいから早く出よう」と行った。

 「そんなに早く出なくてもドラックストアは9時からだから」と言うがじっとしていられないようでどうしてかと思っていたら「家電量販店に行ってお母さんの携帯を買うから」と言った。

 後でわかったのだがもうすでに買う予約をしていたらしい。

 「お母さんが欲しいと言うから」とも言ったが妻に聞いたら「欲しいと言っていない」と言っていた。

 アルバイトの給料が入って何か買わないでいられないようだがこの前サウンドボードだけ買ったと思ったらハードディスクも買っていた。

 7万円ほどの給料で5年後に新車を買うために2万円お財布携帯で1万円携帯で1万円と残るのは3万円ほどなのだが携帯を買ったら赤字と言うようなことを次男に話をしたが使いたくて使いたくて我慢できないようだ。

 たまに買うのなら良いのだが毎月こんなお金の使い方をしていたらいくらお金があっても足りない・・・・。

 次男がもらう給料のことだから余計な事かもしれないが少し考えて使って欲しいものだ。

 しょうがなく9時ごろ買い物に出かけた。

 ドラックストアに寄り資源ごみを捨てに行きスーパーにより後は家電量販店に。

 家電量販店に入ると早速携帯の売り場へ。

 次男がいろいろと見ていたが店員さんに予約していた機種があることを話をすると早速いくらになるかと値段を聞いていた。

 ポイントと使い2万7千ほどになる言うことになり買う段階になると店員が「この値段になるには付加サービスの契約もして頂かないと」と言い出した話を聞いていたら一ヶ月無料でその後は百数十円ほどかかるらしいがその契約をしないと安くならないと聞いて頭にガチンときてしまった。

 「間違ってクリックしてしまったら通信料はどうなるんだ」と興奮して言うと「その場合は通信料が・・・・」と言うので頭にきてしまい次男に「さあ帰るぞ」と言った。

 大人気ないかもしれないが・・・・。

 次男は買いたいようでその場所から動こうとしないので私は一人店を出て車で次男が来るのを待っていた。

 しばらくして次男が「お父さん俺が付加料金の分を買ってから解約するから免許証をかして」と言って来たので免許証を差し出すと「ありがとうございます」と言ってまた店の中に入っていった。

 しばらくしてもまだ来ないので携帯に電話をすると「今終わったから」と言って少したって次男がやって来た。

 車に乗り込むと「付加料金の分申し込みしなくても良いんだって」と次男が言った。

 多分契約をすると自分にバックマージンでも入るからあんなことを言ったのだろう・・・。

 イライラはおさまらなくお昼を食べに行くことにしていたがそのまま家に戻った。

 午後も興奮して昼寝も出来なかった。

 次男は買って安心したのかお昼ねをしたが14時過ぎになっても起きてこないので「もう14時過ぎだぞ」と言うと起きたようだが15時を過ぎても出かける様子もないのでまた部屋の前で声をかけたが聞こえるのはいびきだけで返事が無かったので戸を開け中に入り「もう15時を過ぎたぞ」と言うと「ん何15時過ぎたって」と寝ぼけ顔であわてて起きてきた。

 それでもアルバイトの16時まで1時間も無いのにお風呂に入り15時半過ぎに出かけたようだ。

 昨日は刺激的?疲れた一日で次男が出かけた後やっと自分の時間を静かに過ごす事が出来た・・・・。

 今日はいつものように仕事へ行かなければ・・・・・。

 次男は13時からのアルバイトへ・・・・。

 

「一日の始まり」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。