一日の始まり

?

 09/04/12 今朝は3時前に目を覚ましそのまま起きる。

 今朝は昨日とは違い少し肌寒い朝。

 夜は部屋の中が暖かく今まで寝るときも履いていた下ズボンを脱いで寝たのだが朝になり寒く感じる。

 ストーブをつけいつものようにメールのチェックをする。

 4時過ぎにコーヒーを入れに下へ降り台所でお湯を沸かしていると愛犬がのどを何かしら言いながら走りよってきた。

 水を入れている器を見ると水が空っぽ。

 水をいれ置くと愛犬はぴちゃぴちゃと音を立てながら飲み始めた。

 飲み終わるとスタスタと小走りに妻の寝ている部屋に・・・・。

 コーヒーをいれ終わり部屋に戻りいつものようにまたパソコンに向かい日記を書き始める。

 今朝はまだ次男は起きてこない。

 隣の次男の部屋から寝息だけが聞こえてくる。

 昨日次男は4時前には起きて一度部屋にやって来て私の布団に寝ようとしたが寝られないのかまた部屋に戻っていった。

 その後しばらく歌を歌う声が聞こえ5時ごろにはいびきが聞こえてきた。

 6時に次男を起こすと「わかった」と返事がありその後起きたようでアルバイトに行く準備をし7時半ごろには出かけていった。

 10時前に妻と私といつもの土曜日と同じに長男の外出のため精神病院へ向かえに出かけた。

 病院へついて受付で先月分の入院費とお小遣いを払い病棟へ。

 支払いはいつも小遣いを合わせ8万円を払うのだが先月はお小遣いが足りなかった様で8万5千円を払った。

 小遣いは15千円ほどにしているのだが病院でもそのくらいあればと言われているのだが長男はそれ以上使うことが多い。

 病棟へ行くと昨日はもうすでに外出をする準備をして待っていた。

 看護師さんからお昼の薬と許可証を受け取り長男を連れ病院の外へ出て愛車で家に戻った。

 昨日は車の窓を閉めていると暑いくらいだった。

 家に戻り後はいつものようにお昼を食べお昼寝をした。

 昨日は1時間以上お昼寝をすることが出来た。

 長男がお昼寝の邪魔?をしに来なかったこともあるが。

 13時半ごろ次男がアルバイトから帰ってくるとまもなくいつものように私の部屋に来て私の体を触り始めた。

 このごろおなかだけでなく背中までも下着の中へ手を入れて。

 「パチョコンおとうたんの背中気持ちいいな」「すべすべして」と言いながら・・・。

 「やめなさい」「自分のおなかでも触っていなさい」と何度も言うのだがなんともならず。

 そのうち長男が部屋に来て「お母さんが怒った」と言い始めた。

 何のことかと聞いていたら「ストーブをつけたらお母さんがコンセントから線を抜いて怒り出した」と言うのだ。

 今日は暖かい日なのだからストーブをつけること事態がおかしいのだが・・・・。

 長男はなぜか入院する前も暑くても裸になりストーブをつけていた。

 感覚が無い?のか・・・・。

 昨日はお風呂に入った後ストーブをつけ体を温めていたらしい。

 「お風呂に入ったら体は暖かいのだからストーブをつけるのはおかしい」と言ったが長男は「お母さんに怒られて少年の心に傷?ひびがはいった」とばかり言っていた。

 「お母さんは俺を変にして外泊をさせないようにしている」とも言っていた。

 被害妄想?困ったものだ・・・。

 昨日はそんな事で外出も終わり15時半ごろ長男を連れ精神病院へ戻った。

 戻る途中の車の中でも同じようなことを何度も繰り返していた。

 「お父さん今日は妄想は無かった」「いつも病院へ帰ってから妄想があったと言っていたが今日は無かった」と言うので「お母さんはだれだれになったとか言うのは妄想じゃなく嘘をついたとでも言うのか」と言うと後は黙っていた。

 病院へついて病棟で看護師さんが長男だけを鍵のかかっている病棟へ追いやる?と今日のことを話をした。

 鍵のかかった病棟から長男が私たちが何を話しているのか除いたり鍵のかかったドアを開けようとしていた。

 そのうちあきらめたようでその場を離れていった。

 看護師さんに来週も外出と話連休には二泊三日で外泊をさせたいと話をして家に戻った。

 今日は次男は16時からのアルバイト。

 愛犬は今日は予防注射で妻とお出かけ。

 私はガソリンスタンドでタイヤ交換をしに・・・。

 前は自分で交換していたが足をひざを骨折してから頼むようになった。

 体力的にも・・・・。

 

 

「一日の始まり」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です