一日の始まり

?

 09/04/21 療養7日目の朝は外から屋根に落ちる雨音が聞こえてくる。

 今朝は雨が降っている。

 今朝はやはり寝て2時間ぐらいしてから目が覚め後は一時間置きぐらいに目が覚めうつらうつらとし2時すぎに布団から起き出る。

 今朝はストーブをつけなくても何とか居れるくらいの気温室温。

 いつものようにパソコンに向かいメールのチェックをする。

 3時半過ぎにいつものように今日の一杯目のコーヒーを入れまたパソコンに向かい日記を書き始める。

 昨日の次男は朝方起きて私の布団に寝ることは無かった。

 ただ起きてからいつものように私に抱きつきお腹や背中を下着に手を入れ触っていた。

 なぜなのか・・「止めなさい」と「人が嫌がることは」と言うのだが何故か面白がっているだけ?

 暇で何も他にする事が無いから?

 後は愛犬の名前を呼びながら「かわいいねー」「おしりふりふりして」と何度も言ったり抱き上げたり。

 それでも今のところは仕事にアルバイトに行ってくれている。

 10時過ぎに13時からのアルバイトに行く準備を始め12時ごろには出かけていった。

 私は愛犬と遊んであげたりパソコンに向かってブログつくりを楽しんでいる。

 唯一他の事を忘れ集中熱中出来る。

 今は何とか文章らしい文章日記を書いているが始めたころは今より精神的に不安定情緒不安定で今見るとめちゃくちゃな字が間違いだらけの日記を書いていた。

 当時は楽天で最初に書き始め途中でgooにも同じ日記を書き込んでいた。

 一日の始まり 私たち家族の日々の日記  楽天ブログ(Blog

 http://plaza.rakuten.co.jp/taro23ster/diary/200608250000/

 当時は誰に相談することも無く出来なくうっぷんばらし?にブログを書き始めてだいぶ精神的に落ち着くことが出来た。

 一日の始まり(?06/09/06) ? 精神障害者と家族

 http://blog.goo.ne.jp/taroster/e/c162ed11b543a72ce48e4b5b24f1f855

 夜お風呂に入り夕食を食べ終え部屋でいつものように妻に足をさすってもらう。

 18時半ごろ次男がアルバイトから帰ってきた。

 部屋に居ると次男が愛犬を抱っこし部屋にやって来た。

 「パチョコンおじたんお弁当を買ってきたぞ」「早く来い」と言って愛犬を私に渡した。

 次男にせかされ機嫌をうかがいながら?愛犬を抱きかかえ下へ降り居間に行くとテーブルにお弁当が三つ置いてあった。

 妻と私と次男の分。

 せっかく買ってきたのだから今食べろと言うので「明日の朝ごはん変わりに食べるから」と言って二階に上がっていった。

 布団に横になりテレビを見ていると「パチョコンおじたん」と言いながら部屋に入って来て私の側に寝転がりいつものようにお腹と背中を触り始めたので私は起き上がり下へ降りていった。

 「パチョコンおじたん逃げるのか」と言いながら私の後をついて来た。

 とてもお腹と背中を触られるのだけは・・・・。

 後はまた部屋に戻りテレビを見ていたらまたやって来たので「もう寝るから」とテレビを消し言うと部屋を出て行った。

 遊んでもらいたい?のだろう・・・・。

 今日は私は精神病院へ通院の日。

 次男は13時からのアルバイトへ・・・・。

?

「一日の始まり」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です