一日の始まり

?

 09/04/25 療養12日目の朝。

 今朝は2時前に目が覚めそのまま布団から起き出る。

 今朝は昨日までと違い次男はまだ起きてこない。

 静かな朝・・・・。

 夜中に電話が鳴っていたようでそれで目が覚めたがその後はこの数日の次男の朝の「パチョコンおじさん攻撃」の疲れからか目が覚めることが無かった?ようだ。

 今朝も肌寒い朝でストーブをつけパソコンに向かいメールのチェックなどをする。

 3時半ごろいつものように今日の一杯目のコーヒーをいれまたパソコンに向かい日記を書き始める。

 昨日の朝と比べ今朝は時折隣の部屋から聞こえる次男のいびきと外を走る多分高速道路を走る車の音だけが聞こえてくる。

 それとパソコンのうなる音とストーブの元気の無い音が・・・・。

 次男は何か物が欲しくなると寝ていられなくなり早く起きるような気がする。

 この前も「パチョコンが欲しい新しいパチョコン」と言っていたときも早く起きていた。

 今度は車が欲しいからではないかと思っている。

 確か一昨日からか?「コペンを買いたい」と言っていた。

 昨日の朝も昨日アルバイトから帰ってきてからも妻と私の居る前で小さな声で・・・。

 私と妻は知らないふり聞こえないふりをしていたわけではないがただ黙っているしかなかった。

 「車高が低いから冬の通勤はどうするんだ」とこの前聞いたら「お父さんの車で通勤」と言うので「お母さんだって使うだろう」と言うと「送り迎えしてくれれば」と言っていた。

 ただ車が欲しいと思うだけで後先のことを考えていない考えられない・・・。

 車検代保険代税金ガソリン代といろいろとお金もかかるのに。

 今の車はガソリン代月一回は次男に給油させている。

 来年からは税金もと思っている。

 生活するのにこれだけお金がかかると意識を持って欲しいと思って・・・。

 ただ「欲しい欲しい」の物欲・・若いからしょうがないが生活観を感じて欲しい。

 そうでないと親が居なくなって亡くなってからのことを考えるとそう思っている。

 昨日次男は朝方「パチョコンおじさん」と何度も部屋に来ていたがそれから自分の部屋で寝てしまった。

 10時になっても起きないので10時半ごろ「もう10時半になるぞ」と声をかけると「11時半に起こして」と言われ11時半になってからまた声をかけやっと起きてアルバイトに行く準備をして12時過ぎに出かけていった。

 私は9時過ぎにミネラルウォーターを買いにドラックストアに出かけ直ぐに家に戻った。

 ミネラルウォーターは薬を飲むために買っているのだが別に水道水でも良いのだが。

 午後になるとなんか憂鬱な気分になってきた。

 薬が切れてきたのだろうか・・いつものこと。

 夕方になるとますます憂鬱になってきた。

 何も考えていないはずなのに・・・何故か・・・。

 夜夕食を食べ部屋に戻っていると次男がアルバイトから帰ってきた。

 下へ降り居間に行き「お帰り」と言うと「お帰りか」?と確か返事が返ってきた。

 気分でも悪いのか少し落ち込み気味なのか・・・?。

 部屋に戻っていると次男がやって来て横になっている私の側にいつものように寝転がり頭を私のお腹わき腹にのせ「パチョコンおじさん」と言いながらテレビを見ていた。

 やがて妻もやって来て私の足をさすり始めようとしたら私の足元に次男が座りじゃまをしている?ような状態になっていたので「そこをどいてお父さんの足をさするのに邪魔だから」と言うと「パチョコンおばさんの意地悪」等と言って直ぐにはよけようとしなかった。

 妻は「パチョコンおばさん」と妻はパソコンはしないのだがいつの間にか呼んでいる。

 足をさすってもらっていると次男が私のお腹をさわり押しながら「このパチョコンおじさんのお腹はラーメンが食べたいと言っている」と言い出した。

 何のことは無い自分が食べたいから・・。

 足をさすり終え妻と次男が下へ降りていった。

 次男の様子は子供そのもの・・。

 ある時は大人成人した男・・・・。

 長男もだが最初に入院した精神病院で3歳児ぐらいと言われたことがある。

 その長男は今日は外出の日早いものでもう一週間たってしまった。

 次男は8時からのアルバイト・・。

 まだ起きてこない静かな朝・・・・今のところは・・・・。

?

「一日の始まり」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です