一日の始まり

?

 09/05/16 今朝は夜中に一度も眼が覚めることもなく2時過ぎに眼が覚めそのまま布団から起き出た。

 布団から出ると少し寒く感じたが今朝はストーブをつけないでそのままパソコンに向かいメールのチェック等をする。

 3時半ごろいつものように今日の一杯目のコーヒーを入れまたパソコンに向かい日記を書き始める。

 隣の部屋からは次男の鼾が聞こえてくる。

 今のところ起きそうもない。

 このまましばらく寝ていて欲しいものだ・・。

 昨日の朝は「コペン」「コペン」と・・・。

 昨日二男は5時前にアルバイトへ出かけて行った。

 その後ゆったりとした気持ちになり朝食を食べ薬を飲んで・・・。

 いつもなら眠たくなるのだが昨日は眠くはならなかった。

 お昼近くになり通院の時間が近くづに連れ何故か落ち着かない気持ちになってきた。

 なぜ?

 自分でもわからない。

 それまではとてもお天気が良く久しぶりにすがすがしい気持ちになっていたのだが・・。

 車で精神病院へ向かい病院について受付をし待合室で待っていたがやはり気持ちが今一で重苦しい感じ。

 診察の順番が来て診察室で先生に「どうですか」と聞かれ「はっきり言って私も良くわからないのです」と・・・・何がわからない?。

 症状がよくなってきたのかどうか・・・。

 「薬が変わったからか朝食と昼食は普通に食べられるのですが夕食があまり食べられなくおかげさまでダイエットしなくてもダイエットになりお腹が引っ込んできました」と・・・。

 薬が変わったからだけではなく療養を始め休むようになってから夕食が食べられなく?・・

今までが余計食べていたのかも・・。

 ストレスで食べないといられない気持ちがあったのかも・・・。

 と言うことと息子と事を色々と話をしたら先生が「大きな原因は息子さんでは」と言っていた。

 そう言われるとそうなのかも・・。

 と言うことで薬がまた変わってデバス錠25mg朝晩が1mgにジェイゾロフト錠25mg半分が25mgと25mg半分朝だけそしてルジオミール25mg朝晩だったのが朝だけ10mgに変わった。

 「これからは本当のうつの薬に変えて生きます」と言われた。

 10年以上飲み続けてきた薬は本当のうつの薬ではなかったのだろうか・・・・。

 今次男が起きたようで隣の次男の部屋から音楽が流れてきた。

 病院から戻ると次男が帰ってきていた。

 私の部屋に来て私の寝ている横に寝転がり足を絡めいつものようにお腹を触ってきた。

 黙っていて何度も手を振り払うと「パチョコンおじさんとスキンシップをしたいのに意地悪」と言っていた。

 「明日コペンの試乗出来るんだけどお父さんも行こう」と言われたが「お父さんは知らない」と言って後は黙っていた。

 困り果てたものだ・・・・。

 今日は二男は8時からのアルバイト。

 私と妻は入院している長男の外出で精神病院へ向かえに・・・。

「一日の始まり」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です