一日の始まり

 09/08/21 今朝も0時前に眼を覚ましその後うつらうつらとし0時半ごろパッと眼が覚め布団から起き出る。

 外からは高速道路を走る車の音と虫の鳴く声が聞こえる。

 いつものようにパソコンに向かいメールのチェック等をする。

 今朝も涼しい朝。

 昨日は午後からそれほど温度は上がっていない気がしたがむしっとする暑さだった。

 

 昨日の朝6時過ぎに次男から携帯に電話があった。

 「もちもち」「起きていた」と「あのね・・ちゅ・・・?が・・・?」と。

 「よく聞こえない」と何度も聞き返す。

 やっと聞き取れ「修理費が25万ぐらいだそうだ」「お父ちゃん出して・・・」と言う電話だった。

 「自分で出しなさい」「10万円ではすまないと言っただろう」「お母さんに聞いてみないと」と言うと「お母さん起きた?」と聞き返してきたので「まだ」と言って携帯をきった。

 自分で払うことで話していたのだが。

 7時すぎまた携帯が鳴った。

 家に来たから鍵を開けてと言う事で下へ降り玄関の鍵を開ける。

 その後私の後を追うように私の部屋に階段を上がってきた。

 部屋に入るとまた修理代の話になり最後に「いい!」「自分で払う」と言って家を出た。

 少したってまたやって来た。

 前の日にタバコを買ってきてと言っていたのだが頼まれたタバコを買って持ってきた。

 お財布携帯を使うとコンビにのポイントが貯まると思って頼んでいる。

 

 9時過ぎ修理やさんに一緒に行ってと言うので一緒に出かけ見積書を受け取って帰りに買い物をしお弁当を買って家に戻った。

?

 妻は外で草取りをしていた。

 私が自分の部屋に言っている間に次男はお弁当を食べ帰って行った。

 

 お昼近くに次男から携帯に電話がまたあった。

 「今銀行に来て話を聞いたら年金自給者でも借りられるらしい」「年収の1.2倍?」と言った。

 「家を買うくらい借りれないだろう」と言い携帯を切った。

 その後また直ぐに携帯が鳴り「100万円ぐらい借りられそうだ」と。

 「何のために借りるんだ」と言うと「車を買うため」と。

 「新しい車はまだ買う必要は無い!」と怒り気味に言うと「ふん」「パチョコンおじさんなんか・・」と怒り始めたので「もう切るから!」と言って携帯を切った。

 

 その後私は久しぶりにお昼寝をした。

?

 一時間ほど寝たようで起きてから携帯を見たらまた寝ている間に次男から電話があったようだった。

?

 15時過ぎ。

 アルバイト2時間前のコールの電話をする。

 二度ほど鳴って次男が携帯に出た。

 いつもならプッツンと切るのだが。

 「な?に」と「な?にではなくアルバイト2時間前のコレクトサービスだ」と言うと「車を買ってあげるという電話だったと思った」と。

 「間違わないように仕事をして来なさい」「また五千円も間違わないように」と言うと「わかった」と先ほどとは違い穏やかに返事をしていた。

 後で妻にその事を話すと「お金貯めてから買う」「今回は色々なことを覚えた」と話していたそうだ。

 そう思っうことは良い事。

 「しかしよく自分で銀行に行って聞いてくるようになったな」と妻と話をした。

?

 その次男は今日はアルバイトは休み。

?

 今日は来る?来ない?

?

 今パソコンの時計は254分。

 虫の鳴く声がさかんと聞こえてくる。

 

 さあ今日の朝のコーヒータイム。

?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です