一日の始まり

 09/08/25 今朝は1時半ごろに眼を覚まし布団から起き出る。

 今朝は窓を閉めているのだがそれでも半袖ではいつものより肌寒く感じる。

 いつものようにパソコンに向かいメールのチェック等をする。

?

 昨日は妻は9時前に出かけ私と愛犬が留守番。

 9時過ぎ携帯が鳴った。

 見ると次男からでかけなおすと「今市役所に来ている」「保証人になって欲しい」「それと家族以外にも保証人が欲しい」と言われた。

 私に連帯債務者になって欲しいとのこと。

 それは良いのだが家族以外の保証人は私の兄弟は兄弟とも生活保護を受けているので保証人は無理と話した。

 後は妻の実家しかないことを話すと「お母さんは」と言うので「出かけた」「今日は一日出かけると言っていた」と話し携帯を切った。

 障害者に200万円まで3%で貸付するのに結構手続きがあるらしい。

 連帯債務者との面接もあるとのこと。

?

 お昼になりひとりで食事をし部屋に戻っていると愛犬がほえ始めた。

 どうしたのかと思い下へ降りると妻が帰って来た。

 前の日に一日中出かけると言っていたのだがお昼には戻ると言っていた。

 次男から電話があったことを話すと「実家でも無理」と言っていた。

 

 午後妻は出かける様子も無かった。

 夕方16時半ごろ次男が家にやって来た。

 「アルバイトに行く時間じゃないのか」次男に・・。

 次男は保証人の話を妻に話すと「無理だから」と言われていた。

 次男は「だめか」と言いいつものように私と妻のおなかを触り始めた。

 

 「明日休みだな」「お父さんをお昼を食べに連れて行ってくれるか」と半分冗談交じりに話すと「家も変えないし・・車も買えないからお金の使い道が無いから良いか」と言っていた。

 車を買いたいなら貯金しなさいと言っているのだが「買う時は借金をして買うのだ」と言って貯金をする気が無い。

 困り果てたもの・・。

?

 「今月病院に行かないのか」と聞くと「忘れていた」と。

 「今度はお父さんも一緒に行って薬を弱くして欲しいと話してあげるか」と言った。

 いつも診察で話そうとして忘れて話さないらしい。

 退院した後はアルバイトを始めるまで一緒に行っていたのだが。

?

 アルバイトの時間15分前。

 次男はアルバイトに出かけて行った。

?

 今日は次男はアルバイトは休み。

?

 今パソコンの時計は3時01分。

?

 今日の一杯目のコーヒータイム・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。