一日の始まり

 09/10/10 今朝は0時過ぎにパッと目が覚めそのまま布団から起き出る。
 いつものようにパソコンに向かいメールのチェックなどをする。
 今朝はいつもより寒い・・夕べの予報では秋も終わりごろの気温だそうだ。
 もう冬まじか?・・それは早すぎる。
 隣の部屋からは次男の寝息が聞こえてくる。
 昨日の朝「いっぱい寝れた」「安心して」と言っていた。
 よほど行きたくないと思っていたのだろう。
 1時過ぎ下で足音が聞こえる。
 長男が起きたのだろう。
 2時半過ぎから日記を書き込もうとしていたら階段を上がってくる足音が聞こえてきた。
 長男が部屋に入ってきて「コーヒー頂戴」と「まだ早い!」と言うと「じゃータバコ頂戴」と・・。
 早く部屋から出て行ってほしいのでタバコをあげ布団に横になるとタバコを吸い終わった長男は部屋から出て下へ降りていった。
 
 昨日は次男のアルバイトの面接で私が次男の愛車コペンを運転士隣の市まで出かけた。
 13時からだったのでまずはお昼を食べそれから面接を受ける会社に・・・。
 会社に着くと時間になってから次男が一人で会社に入っていった。
 15分ぐらいして戻ってくると「今の首相はだれだっけ・・確か・・鳩山せいいちろう?」「違うよな・・」「だめだ・・」とあきらめていた。
 アルバイトの面接で首相の名前を聞かれたとは・・。
 家に戻ると14時ごろ。
 15時前今度は長男の外泊に精神病院へ妻と長男を向かえに・・。
 長男を連れ家に戻った。
 昨日の長男は様子が・・また・・いつものとおり?・・妄想的なことを話しかけてきた。
 昨日は次男の相手?もしたので疲れていた・・・「言っていることがわからない」と言うと「お母さんだけわかってくれているからいい」と言っていた。
 次男はアルバイトを辞めたせいか「ひまだ」「ひまだ」と・・・。
 
 今日は次男の車の納車の日だそうだ。
 これから障害者年金でローンを払っていかないといけない・・だから・・買うなっていったのに・・。
 あとのまつり?・・・。

 今パソコンの時計は3時06分。
 今日の一杯目のコーヒーを入れて飲むか・・・長男の分も入れて・・。
 さむい!・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。