障害者差別の解消を 長瀬教授が研修会で講演 各団体、事例報告


滋賀県などの主催で障害者理解を深めるための研修会が12月3日、彦根市のビバシティホールで開かれた。立命館大学生存学研究センターの長瀬修教授の基調講演に続き、身体、知的、精神障害者などの各団体の代表らが登壇して、地域で暮らす際の生きづらさや差別などの事例を報告したり、合理的な配慮について意見 ...