スウェーデン、手術2万人 「福祉国家」も強制不妊 男性「人生戻らない」


一方で、強制的な不妊手術を認める法律を34年に制定。41年の法改正では、対象は精神障害者から「反社会的な人」たちにも拡大された。社会的弱者や反社会的な人物を抱えると地方自治体の財政負担が増し、多くの人に対するサービスが行き届かなくなるというのも、法改正の背景の一つだった。 不妊手術のピークは40 ...