手術資料、新たに発見 関連文書調査へ 県保健福祉事務所 /群馬


県は9日、知的障害者や精神障害者らへの強制不妊手術を認めた旧優生保護法(1948~96年)に基づき、県内で実施された手術に関する公文書の一部が県内の保健福祉事務所内で新たに見つかったと発表した。今後、県内の全10カ所の保健福祉事務所を対象に、他に関連文書が残っているかどうかなどを調査する。