「すべての国民の生存権」…様々な視覚障害者を救う根本の精神とは


日本国民の生存権を保障しており、国はそれを向上、増進させる義務を持たなければいけないという精神が書かれています。 ここで注意したいことは、「すべての国民」というところです。 すべての国民ですから、生まれたばかりの子どもから、死ぬ寸前の高齢者も当然含みます。病気の患者や障害者も、もちろん含まれています。