誰をも排除しない、新たなダイヴァーシティのために:「The ABC of Diversity・企業と多様性をめぐる対話 …


対象となる障害者も当初は身体障害者を想定していましたが、現在では知的障害のある方も雇用が義務化され、来年4月からは精神障害のある方の雇用も義務づけられます。精神障害のある方は現在、雇用すると企業の雇用率にカウントできることにはなっています」. 0.3パーセントというと大した変化には思えないかもしれない ...