産経も目を向ける”貧困高齢者”の焼死事故


そのうえで「住居を失うと、ハローワーク登録、アパートの入居手続き、年金受給手続きなどが困難になる」と指摘し、「軽度の知的障害、精神障害がありながら、障害者手帳を持っていないため、福祉制度を利用できない人もいる」と解説する。 さらに「困窮者を支援している団体の多くは公的な補助金が十分に得られず、自ら資金 ...