精神保健福祉法 改正案、今国会の提出断念


厚労省は反発を押し切って昨年2月に法案を提出した。参院から審議入りしたが、野党の反発などで衆院では審議できず、昨年9月の衆院解散で廃案となった。今国会での再提出を目指していたが、法案作成を主導した塩崎恭久前厚労相が昨夏の内閣改造で交代。後任の加藤勝信厚労相は改正案に慎重な姿勢で、障害者 ...