障害者の監禁 家族追い込まぬ社会に


相次ぐ精神障害者の監禁事件は問うている。社会の偏見が家族を追い込んではいないか。 近代日本の精神医学の基礎を築いた呉秀三が、私宅の座敷牢(ざしきろう)に閉じ込められた精神障害者の悲惨さを告発したのは一九一八年。病気に加え、国 ... そうしてこそ精神障害者への偏見、差別の解消にもつながるに違いない。