【ナイアシン】と統合失調症

【ナイアシン】というビタミンの一種を用いた【ナイアシン】療法という医学療法があります。
【ナイアシン】というのは、ニコチン酸とニコチンアミドの総称ですが、タバコに含まれているニコチンとは全く異なる物質です。
【ナイアシン】と呼ばれるニコチンは、私たちの体には必要不可欠な栄養素で、糖質や脂質を燃焼させてエネルギーに変える代謝の元となっています。
ニコチン酸とはビタミンB3の事で、ニコチンアミドとはビタミンB4の事です。
そして、この【ナイアシン】が不足すると、精神状態にも様々な支障を来します。
何故なら、自律神経のコントロールにも大きく関わっている栄養素だからです。
そこで、この2つのビタミンBを補充する事によって、うつ病や統合失調症のような心疾患の改善に努める事が出来る、それが【ナイアシン】療法です。
まだ、日本では余り知られていないかも知れませんが、アメリカではとてもポピュラーな施術なんですよ。
特に、統合失調症の患者さんにとって、【ナイアシン】療法はとても効果のあるものだと言われています。

【ナイアシン】の存在そのものがまだまだマイナーな日本では、この【ナイアシン】療法を取り入れている心療内科は限られているようですね。
でも、実際に【ナイアシン】療法でうつ病や統合失調症を改善させたという人は少なくありません。
統合失調症とは、精神疾患の一種で、妄想や幻覚などを頻繁に引き起こす病気です。
【ナイアシン】療法と同様、まだまだマイナーな心疾患ですが、双極性障害と並ぶ二大精神疾患とされているんですよ。
ただし、薬でコントロールする事が比較的安易な病気でもあるんです。
そこで、【ナイアシン】を中心とした栄養補給療法が活躍するという訳なんですね。
実際問題、統合失調症は、一度発症すると、うつ病のように完治が難しく、高血圧などと同様、一生つきあわなければならない事が多いと言われています。
なので、糖尿病の人のインスリンと同じように、一生【ナイアシン】を補充し続けている人も少なくないそうです。
ただ、それで精神が安定し、そこそこ日常生活に支障を来す事がなければ、それはそれでいいんでしょうね。
アメリカではもう50年位前から、この【ナイアシン】療法は当たり前のように活用されています。
日本でも、統合失調症という病気そのものは江戸時代からあったと言われていますよね。
なのに、何故、【ナイアシン】療法が、つい最近まで普及しなかったんでしょうね。

【ナイアシン】はビタミンですから、特別怖い物質ではありませんが、【ナイアシン】の過剰摂取は、様々な副作用を招くと言われています。
つまり、【ナイアシン】は、少なすぎても多すぎても問題ありきの物質なんです。
また、日本人の食習慣を考えると、通常はそれほど不足する事も過剰気味になる事もないと言われています。
ただ、食生活が欧米化してきた昨今、やはり【ナイアシン】のバランス調整も欧米並に難しくなって来ているのかも知れませんね。
だから、欧米と同様の医学療法も必要とされて来ているのでしょう。
【ナイアシン】は、心身の健康を維持するためには、絶対必要な栄養素です。
心も体も疲労が嵩む現代社会、我々は、いつ、うつ病や統合失調症に見舞われてもおかしくはない現状に立たされています。
皆さんも一度、暇な時にでも、健康関連のブログやサイトで、【ナイアシン】について学習されてみてはいかがでしょうか。

【ナイアシン】と統合失調症

【ナイアシン】というビタミンの一種を用いた【ナイアシン】療法という医学療法があります。
【ナイアシン】というのは、ニコチン酸とニコチンアミドの総称ですが、タバコに含まれているニコチンとは全く異なる物質です。
【ナイアシン】と呼ばれるニコチンは、私たちの体には必要不可欠な栄養素で、糖質や脂質を燃焼させてエネルギーに変える代謝の元となっています。
ニコチン酸とはビタミンB3の事で、ニコチンアミドとはビタミンB4の事です。
そして、この【ナイアシン】が不足すると、精神状態にも様々な支障を来します。
何故なら、自律神経のコントロールにも大きく関わっている栄養素だからです。
そこで、この2つのビタミンBを補充する事によって、うつ病や統合失調症のような心疾患の改善に努める事が出来る、それが【ナイアシン】療法です。
まだ、日本では余り知られていないかも知れませんが、アメリカではとてもポピュラーな施術なんですよ。
特に、統合失調症の患者さんにとって、【ナイアシン】療法はとても効果のあるものだと言われています。

【ナイアシン】の存在そのものがまだまだマイナーな日本では、この【ナイアシン】療法を取り入れている心療内科は限られているようですね。
でも、実際に【ナイアシン】療法でうつ病や統合失調症を改善させたという人は少なくありません。
統合失調症とは、精神疾患の一種で、妄想や幻覚などを頻繁に引き起こす病気です。
【ナイアシン】療法と同様、まだまだマイナーな心疾患ですが、双極性障害と並ぶ二大精神疾患とされているんですよ。
ただし、薬でコントロールする事が比較的安易な病気でもあるんです。
そこで、【ナイアシン】を中心とした栄養補給療法が活躍するという訳なんですね。
実際問題、統合失調症は、一度発症すると、うつ病のように完治が難しく、高血圧などと同様、一生つきあわなければならない事が多いと言われています。
なので、糖尿病の人のインスリンと同じように、一生【ナイアシン】を補充し続けている人も少なくないそうです。
ただ、それで精神が安定し、そこそこ日常生活に支障を来す事がなければ、それはそれでいいんでしょうね。
アメリカではもう50年位前から、この【ナイアシン】療法は当たり前のように活用されています。
日本でも、統合失調症という病気そのものは江戸時代からあったと言われていますよね。
なのに、何故、【ナイアシン】療法が、つい最近まで普及しなかったんでしょうね。

【ナイアシン】はビタミンですから、特別怖い物質ではありませんが、【ナイアシン】の過剰摂取は、様々な副作用を招くと言われています。
つまり、【ナイアシン】は、少なすぎても多すぎても問題ありきの物質なんです。
また、日本人の食習慣を考えると、通常はそれほど不足する事も過剰気味になる事もないと言われています。
ただ、食生活が欧米化してきた昨今、やはり【ナイアシン】のバランス調整も欧米並に難しくなって来ているのかも知れませんね。
だから、欧米と同様の医学療法も必要とされて来ているのでしょう。
【ナイアシン】は、心身の健康を維持するためには、絶対必要な栄養素です。
心も体も疲労が嵩む現代社会、我々は、いつ、うつ病や統合失調症に見舞われてもおかしくはない現状に立たされています。
皆さんも一度、暇な時にでも、健康関連のブログやサイトで、【ナイアシン】について学習されてみてはいかがでしょうか。