一日の始まり 2006/09/27

 

 06/09/27 今朝は3時に起きた。

 外は雨が降っている。

 長男は自分の部屋で寝ているようだ。

 昨日仕事から帰ってくると長男は部屋にいて出てこなかった。

 部屋からは床を叩く音が聞こえていた。

 寝るころになって私たちの部屋へ来て、床を叩いていた。「この手はおれの手ではない!」と言うようなことを連呼していた。

 そして、部屋を出て行った。

 夜中にまた来て、妻に「体を揉め!」と言ってきたのが聞こえていた。

 妻が体を揉んでいるようだった。

一日の始まり 2006/09/26

 

 06/09/26 今朝は4時に起床した。

 掛け布団一枚で寝ていたので寒く感じられた。

 外はまだ暗く、高速道を走る車の音がたまに聞こえ、窓越しに覗いてみるとライトを点け走っている車が見えた。

 私は起きるとコーヒーを煎れるため下へ降りて行った。

 長男の部屋は暗く静かだったが、直ぐに顔を叩いたりする音が聞こえてきて戸を閉めた。

 実は昨日一度しか顔を見せなかったのです。

 昨日の朝も私が仕事に出かけるまで自分の部屋から出てこなかった。

 こういうことは初めてのような気がする。

 何も起きなければ良いが。