一日の始まり

 09/10/12 今朝目が覚め目を目をつぶっていると「あれ~・・」「どうもありがとう」と声が・・少し立ってから目を開けるが誰も周りにはいない・・・。
 夢?・・いや確かに目が覚めていた。
 妄想・・幻覚?・・幻聴・・・?
 まあどうでもいいや・・と思い布団から起き出る。
 時計は見ると2時半・・。
 久しぶりに寝たような・・・。
 いつものようにパソコンに向かいメールのチェックなどをする。
 今朝も肌寒い。
 ストーブをつけ今朝はコーヒーを入れ飲みながら日記を書き始める。
 隣の部屋から次男の寝息が聞こえてくる。

 昨日の次男は6時ごろ一度起きて来てコーヒーを飲んでまた寝ていた。
 9時ごろ「お父さんどこか行く所がある」と聞いてきた。
 新車を乗り回したくてうずうずしているのだろう。
 「ん?何処にも行く所がない」と言うと面白くなさそうにし一人で出かけた。
 長男は相変わらず妄想で一人ぶつぶつと話ていたり私の部屋にやって来てまた何か言い出していた。
 自分が自分でない?私の妻も誰かに化けて?・・なんかよくわからない意味不明なことを言ってくる。
 「何を妄想ばかりして・・」と長男に言うが通じているのかいないのか・・・?
 11時近くになりテレビを見ていたらいつの間にか寝てしまった。
 おきたのは12時ごろ・・疲れ?・・少し風邪気味・・。
 ちょうど次男が帰ってきた。
 「50キロ走ってきた」と言いながら・・・。
 一人で遠出をしたことがない次男は始めての経験で喜んでいるようだ・・新車の効用?
 午後長男がまた部屋に来て「タバコ頂戴」と・・。
 「昨日タバコ一箱上げただろう」と言うと「ああそうか」と言って部屋を出て行った。
 その後もまた来て「今度三泊させて」と・・「お母さんにも看護師さんにも聞かないと」と言う。
 この状態で三泊もさせると私の薬ももっと強くしてもらわないと・・。
 15時過ぎ精神病院へ長男を連れ戻る時間になった。
 次男はまた出かけたようで妻が言うには前のアルバイト先のコンビニに征服を返しに行ったらしい。
 「じゃ~ね~!」と言いながら。
 長男を連れ妻と病院に向かう・・・妻は怒ったようにぶすっとし・・長男もいらいらとしているようだった。
 何かあったのか・・。
 病院へ連れ戻り看護師さんに様子を話家に戻る。
 帰る車の中で妻が「あの状態でも今年中に退院させないと」と言っていた。
 まあいずれ退院させないといけないが・・妄想は治らない?・・。
 看護師さんに妻が言っていたがテラス戸を開け外に向かって小さな声で何か言っていたらしい。
 三度目の入院をする時もやはり外に向かって叫んでいた・・。
 家に戻ると次男がまだ帰っていなかった。
 夕食を食べ妻に足をさすってもらう・・・愛犬にも鼻をなめられ・・。
 19時近くになっても次男が帰ってこなかった。
 私は次男の携帯に電話をかけたが二度話中で三度目で通じた。
 「夕食はどうするんだ遅くなるのか」と聞くと「遅くなるからテーブルに出しておいて」と言われた。
 近くに誰かの声が・・おんな?^^そんなことはないか・・。
 妻に遅くなることを話したら「何で遅くなるのか聞いた」と言われたが頭が回らなかったからか聞き忘れた。
 まあ25にもなるのだからそこまで聞かなくても・・。

 今日は三連休最後の日のようで連休でも何処へ行く事も無かった。
 別に行きたいとも思わなかったが・・。
 
 今日は妻は「一日出かけてくる」と言っていたが・・。
 愛犬と次男と留守番?・・次男がまた出かけようと言ってくるだろう・・。

一日の始まり

 09/10/11 今朝は1時過ぎに目が覚めそのまま布団から起き出る。
 今朝は昨日よりは暖かい朝。
 隣の部屋からは次男の寝息がいびきが聞こえてくる。
 外からは雨だれ・・雨が降っているのか屋根に落ちる雨音が聞こえてくる。
 いつものようにパソコンに向かいメールのチェックなどをし始める。
 一階から物音・・足音が聞こえる。
 長男が起きたようだ。
 寝る前の薬を服用しているが効かない?・・。
 結構強い薬らしいのだが・・。
 
 昨日の朝は長男は3時前に部屋にやってきて「コーヒー」「たばこ」と騒がしい一日の始まりだった。
 今朝はまだ部屋にはやってこない。
 昨日買い置きのタバコがなくなり長男が私にタバコをくれと着たので「一時間に何本吸っている」と怒り気味に話すと「すいません」と一応謝ったので私の買い置きのFXを一箱あげた。
 とにかく一時間三本ペースで吸うので一日三箱月3万円ほど長男のタバコ代にかかってしまう。
 入院してから病院では時間起きに吸うようになったはずなのだが・・。
 月3万円は三度目の入院する前は障害者の認定も受けてなくもちろん障害者年金ももらっていなかったのでかなりの負担が・・。
 
 昨日の長男は相変わらず妄想語りばかり話て来るので妻もいらいらとしほとんど外で庭の手入れなどをしていた。
 次男は車の納車の日で8時前には起き私が「まだはやい」と言ったのだが待ちきれないようですぐに出かける準備をしていた。
 次男が私に一緒に行ってくれと言うので長男がいるので何かあったらと思い一応妻に話をし9時半ごろ一緒に出かけた。
 買い物をし車やさんに行き30分ほどまって新車に乗り換え帰り道車の保険の書き換えの手続きを・・そしてまた買い物をし家に戻った。
 12時近くだった。
 買ってきたお弁当を食べ部屋で前の日に録画したビデオを見ていると次男がやって来て見ていた。
 
 ビデオを見終わると次男は自分の部屋に戻りその後長男がやって来て「タバコ頂戴」・・。
 「お母さんに揉んでもらったらだれだれにかわったや」とか言い出した。
 また始まったと思っていたがいらいらとしてきて「そんなわけないだろう」というと「お母さんはしんじてくれた」と・・信じた?・・

 そんなこんなで夜が来て夕食を食べ部屋に戻ると妻が足をさすりに・・。
 さすってもらっていると次男がやって来て甘えだした・・。
 次男は小学生のように・・。
 長男は最初に入院したとき看護師さんに「5歳児ぐらい・・」と言われた。
 
 今日は長男を精神病院へ連れ戻る日。

 外から雨音が・・だんだんと強く聞こえてくる。

 一日中雨?・・・。

 さて今日の一杯目のコーヒーを入れて・・・・今朝はまだ部屋にはやって来ない長男の分も?・・・。

一日の始まり

 09/10/10 今朝は0時過ぎにパッと目が覚めそのまま布団から起き出る。
 いつものようにパソコンに向かいメールのチェックなどをする。
 今朝はいつもより寒い・・夕べの予報では秋も終わりごろの気温だそうだ。
 もう冬まじか?・・それは早すぎる。
 隣の部屋からは次男の寝息が聞こえてくる。
 昨日の朝「いっぱい寝れた」「安心して」と言っていた。
 よほど行きたくないと思っていたのだろう。
 1時過ぎ下で足音が聞こえる。
 長男が起きたのだろう。
 2時半過ぎから日記を書き込もうとしていたら階段を上がってくる足音が聞こえてきた。
 長男が部屋に入ってきて「コーヒー頂戴」と「まだ早い!」と言うと「じゃータバコ頂戴」と・・。
 早く部屋から出て行ってほしいのでタバコをあげ布団に横になるとタバコを吸い終わった長男は部屋から出て下へ降りていった。
 
 昨日は次男のアルバイトの面接で私が次男の愛車コペンを運転士隣の市まで出かけた。
 13時からだったのでまずはお昼を食べそれから面接を受ける会社に・・・。
 会社に着くと時間になってから次男が一人で会社に入っていった。
 15分ぐらいして戻ってくると「今の首相はだれだっけ・・確か・・鳩山せいいちろう?」「違うよな・・」「だめだ・・」とあきらめていた。
 アルバイトの面接で首相の名前を聞かれたとは・・。
 家に戻ると14時ごろ。
 15時前今度は長男の外泊に精神病院へ妻と長男を向かえに・・。
 長男を連れ家に戻った。
 昨日の長男は様子が・・また・・いつものとおり?・・妄想的なことを話しかけてきた。
 昨日は次男の相手?もしたので疲れていた・・・「言っていることがわからない」と言うと「お母さんだけわかってくれているからいい」と言っていた。
 次男はアルバイトを辞めたせいか「ひまだ」「ひまだ」と・・・。
 
 今日は次男の車の納車の日だそうだ。
 これから障害者年金でローンを払っていかないといけない・・だから・・買うなっていったのに・・。
 あとのまつり?・・・。

 今パソコンの時計は3時06分。
 今日の一杯目のコーヒーを入れて飲むか・・・長男の分も入れて・・。
 さむい!・・・。

一日の始まり

 09/10/09 今朝は1時ごろにぱっと目が覚め布団から起き出る。
 いつものようにパソコンに向かいメールのチェックなどを始める。
 隣の部屋からは次男のいびきが聞こえてくる。
 いつもの朝・・・。

 昨日は台風のおかげ?で雨が降り風も吹いていたがそれほどでもなく我が家は影響が無かったようだ。
 10時ごろ次男を連れ買い物に行き帰りにラーメン屋さんせお昼を食べ家に戻った。
 午後になると眠くなり布団に横になっていたらいつのまにか寝てしまっていた。
 起きて下へ降り居間に行くとストーブがつけられポッカポッカとして妻と次男とそして愛犬がいた。
 今シーズン初めてのストーブ。
 15時を過ぎ部屋に居ると次男がやって来て「お父さんアルバイト今日も休む・・」「病気のことオーナーに話をしたらいいか?」と聞くので「どうせ辞めるんなら話してもいいんじゃない」と返事をした。
 今月いっぱいは勤めることになっているのだがこう毎日のように休むんでは・・と思い話をしたのだが・・。
 その後また次男がやって来て「オーナーに話をしたらおかしいんじゃない?とかもう来なくていいといわれた」と話をしてきた。
 「そう」「しょうがないんじゃない」とだけ返事をした。
 夕食を食べいつものように妻に足をさすってもらい愛犬に鼻をなめられていると次男がやって来ていつものように私の布団に私の横に寝転がった。
 妻が「病気のことを話せっていったそうだね」と言われたので「話せと言ったんじゃない」「話したかったら話してもいいんじゃないかと言ったのだ」と言う。
 なんか私が言ったから「明日から来なくてもいい」と言われた言わなきゃよかった余計なことを言った。
 と言われている気がした。
 次男が「言ったほうがいいか」と聞くから毎日休む状態ではと思いそう話をしたのだ。
 昨日も時間がせまってきたらまた嘔吐を始めていた。
 毎日「休む」「行きたくない」と言うのだから・・妻は口癖だと言うが・・・・。

 今日は次男は面接・・昨日だと思っていたら私の勘違いだったようだ。
 隣の市なので次男が道がわからないので私が付き添いで運転をしていく。

 だんだん寒く感じてきた。
 起きたばかりの時はそう感じなかったが・・。

 今日の最初のコーヒーを入れて飲もう・・。
 ただいまパソコンの時計は3時13分。