統合失調症や自閉症、うつ病など5つの精神障害は、一部の遺伝子が一致するとみられるとした研究報告書が 27日発行の医学雑誌ランセットで

この研究には携わらなかったが、コメントを付記したボローニャ大学精神医学研究所のアレサンドロ・セレッチ教授は、報告書は高水準のものだとする一方で、今後は特定された遺伝子がもたらす影響について理解を深める努力を行う必要があると述べた。これまでも、統合失調症と躁うつ病の遺伝子の一部が一致することを示す研究が発表されているが、今回の研究ではさまざまな精神障害の間に遺伝子上の関連性がありそうなことが初めて明らかになった。

研究者らは、これら5つの疾患に関係する一塩基変異多型に注目し、疾患に関連したいくつかのゲノム領域を特定した。報告書は国際的な規模の共同研究の成果で、統合失調症、躁うつ病、大鬱病、自閉症、注意欠陥多動性障害の患者約3万3000人を比較調査した。

報告書の著者らは、これらの遺伝子は人口レベルで精神障害を引き起こすリスクを高めることに関係するが、変異遺伝子を持っている個人が発病するとは限らないと注意を喚起している。報告書は、5つの精神障害では一部の遺伝子が一致すると思われる証拠を提示しており、将来的には行動症状だけでなく、生物学的過程での不全に基づく精神障害を診断するのに役立つことになりそうだ。

統合失調症や自閉症、うつ病など5つの精神障害は、一部の遺伝子が一致するとみられるとした研究報告書が、27日発行の医学雑誌ランセットで発表された。一部遺伝子が同一であるとされた精神障害の疾患数としては、これまでで最大。

統合失調症やうつ病など5つの精神障害の一部遺伝子が一致か=研究 – WSJ.com

新薬・統合失調症治療薬「インヴェガ錠3mg、同6mg、同9mg」

ヤンセンファーマは、統合失調症治療薬「インヴェガ錠3mg、同6mg、同9mg」(一般名:パリペリドン)を新発売

“パリペリドン” の話題のニュース – エンタメ情報検索

“パリペリドン” のレビュー・口コミ・情報 – エンタメ情報検索

インヴェガは、ベルギーのヤンセンファーマスーティカが創製した統合失調症治療薬で、浸透圧を利用した薬物放出制御システム(OROS)を、抗精神病薬として初めて採用した徐放製剤。

 抗ドパミン作用によって統合失調症の陽性症状を改善する一方、抗セロトニン作用によって統合失調症の陰性症状にも効果を発揮する。

 国内外の臨床試験では、統合失調症に対する初発時・急性期の早期治療に加え、再発までの期間を延長させるなど、維持期の治療にも有用であることが確認されている。