一日の始まり

 

08/01/31 今朝は2時ごろに一度目がさめたがまた寝てしまい、

 

 3時半ごろにおきて暖房を入れてそれから布団から起き出た。

 

 今朝は昨日の朝より寒い感じがする。

 

 天気予報ではマイナス4度ぐらいで、日中も0度前後になるそうだ。

 

 昨日の次男はいつものように6時前に起き7時ごろに出かけた。

 

 その後私も仕事場へ出かけた。

 

 会社についてまもなく携帯がなり出ると妻からだった。

 

 「お父さん、次男が社長から直るまで会社を休めと言われ帰って来た」

 

 「辞めろということじゃない?」「お父さん考えて」

 

 と言う電話だった。

 

 「考えてと言われても会社を辞めることは本人しだい」

 

 と答えて電話を切った。

 

 どうも妻の言う意味が良くわからない。

 

 仕事から帰り次男に聞くと、

 

 社長に「具合が悪そうだが大丈夫か」と聞かれて、

 

 「まだ具合が悪い」と答えたら、

 

 「直るまで会社を休んで良いから」「病院へ行きなさい」

 

 と言うことのようで妻の話とは違っているように思えた。

 

 いづれ今の仕事は長続きするとは思えないのだが、

 

 後は本人しだい・・・・。

 

 昨日も長男からは電話が来なかったようだ。

 

 たぶん妻との約束を守って我慢してかけてこないのだろう。

一日の始まり

 

08/01/30 今朝は夜中に何度となく目が覚めたが結局3時頃に起きた。

 

 いつものように暖房スイッチを入れ部屋が暖まってから布団から起きた。

 

 今朝は比較的暖かい朝で天気予報では-3度と言っていた気がする。

 

 いつものようにコーヒーを入れパソコンの前に座り飲み始める。

 

 窓の外は高速道路を照らす外灯の明かりがいつものように見える。

 

 走る車のライトは今朝はまだ見えない。

 

 昨日の次男は6時前に起き食事をすませコタツで二度寝をしていたが、

 

 少したってから「お父さん今日は休む」と言った。

 

 「休むなら自分で会社に電話しなさい」と言うと、会社に電話をしていた。

 

 

 話を聞いていたら「吐き気がするので」と言っていた。

 

 様子を見たが具合が悪いようには見えないのだが。

 

 やはり仕事をする気がなくなったのだろう。

 

 私が仕事から帰って「ただいま」と言うと「お帰りなさい」と次男が元気な声で言った。

 

 食事を済ませ自分の部屋へ行っていると次男がやって来て、

 

 「お父さん、今日お母さんに障害者手帳の申請をするんだと言われた。」

 

 「受けようかな」と言うので「申請をすれば」と言うと「また休んで行かないと、お金がかかるな」と言ったり「良くなれば障害者ではなくなるんだね」と話をしていた。

 

 前に次男には「障害者の認定を受けてアルバイト的な仕事でも良いんだ」と言ったのだが、

 

 本人は認定を受けないで働くと言うのでいづれ自分で決めることなので後は何も言わなかった。

 

 そんな話をしていたと思ったら「お父さんパソコン買うかな、今日銀行へ行ってお金を下ろして来れば良かった」と急に話が変わった。

 

 「今の仕事はやはり無理だな、半年持つかな」「前に勤めた会社を何で辞めたのか」等と言ったと思ったらまたパソコンの話になったり、聞いていると私が疲れてきた。

 

 そのうち急に「あ、しまった」と言って自分の部屋へ戻って行った。

 

 やはり仕事をしていくのは難しいと思うのだが、先生にも頭を使う仕事は無理ではないかと本人に直接言っていたのだが、自分の病気についてよく理解していない、出来ないのだろう・・・。