一日の始まり

 

 08/03/31 今朝3時ごろ目を覚ますと外では雨が降っているようで屋根落ちる雨音が聞こえてきた。

 

 3時半ごろにいつものように布団から起き出しストーブをつける。

 

 やはり朝夜はまだストーブは放せない。

 

 いつものようにコーヒーを入れパソコンに向かう。

 

 窓の外はいつものようにまだ真っ暗。

 

 高速道路を照らす外灯の明かりと時折走り去る車のライトが見える。

 

 今は4時半過ぎ。

 

 昨日は午前中買い物に出かけただけで特に何をすることもなく一日が終わった。

 

 楽しみの昼寝は1時間ぐらいしたがまだ寝たりないような気がした。

 

 一昨日整形外科でもらった痛み止めの薬が効いてか眠くなる。

 

 そのかわり足の痛みはあまり感じないようになった。

 

 また薬が増えた。

 

 次男はお昼前に起きて単行本を読んだりテレビを見たりしていただけで外へ出かけることはなかった。

 

 愛犬は朝から私を見つけると「遊んでくれ」とでも言うように追いかけてきた。

 

 遊んであげると今度は「えさを食べさせてくれ」とほえることなく目でうったえてくる。

 

 二階から降りてきた私を見ると直ぐに何度も繰り返してくる。

 

 妻にはこれ以上太るからと言われるのだが・・。

 

 夜はいつものように妻に足をさすってもらうとやはり薬が効いてくるのか眠くなりいつの間にか寝てしまった。

 

 たぶん9時前だった気がする。

 

私の夢?

 

このごろ夢を見た記憶がない。

 

見ているのだろうが。

 

父親が亡くなった後の話だが遺言で母親を私が引き取ることになったのだが妻が聞いていないといって母親が家に来た次の朝家を出て行ってしまった。

 

妻が精神状態がおかしくなり実家に戻った。

 

長男はその時には病気の兆候が出ていて父のお葬式のとき急に「ううるさい」と怒鳴ったり落ち着かなかった。

 

その後私が子供たちと母親の面倒を見ることになり数ヶ月たった後父親が白装束を着て夢に出てきた。

 

何を言うわけでもなく棺おけから出て私の首を絞めたがやがて手を離し私は夢から覚めた。

 

お盆に私が信号のない交差点で木材を積んだトラックに突っ込んでしまう事故を起こしてしまった。

 

その事故を聞きつけ妻が事故現場にやって来た。

 

数ヶ月ぶりに見る妻だった。

 

その後母親が家を出て長男の元へ行くことになり妻が戻ってきた。

 

妻が戻ってきて数ヶ月たった後また父親の夢を見た。

 

今度の夢は最初は白装束で出てきたがやがて何故か笑顔を見せ普通の衣装に変わりまるで生き返ったように見えた。

 

その年に自律神経失調症と中心性網膜症にかかった。

 

病院へ通院し始めた後だか前だか忘れてしまったが夢の中で夢を見た。

 

それは私が仕事である現場にいる夢で夕方で夕焼けのきれいな景色で何故か私以外がすべての人が止まって動かないように見えた。

 

その夢から覚めると息が苦しくなり次男を呼ぼうとしたが声が出なくなった。

 

そうしているうち目が覚めまたその夢から覚めた。

 

前には良く空を飛ぶ夢を見ていた。

 

何度となく。

 

空から下を見ると町が見え気持ちが良かったのを覚えている。

 

手を広げ飛び上がると不思議と飛べたのだ。

 

夢だから出来る事なのだが。

 

今はそんな夢も見ない薬を呑んでいるからなのかも・・・・。