一日の始まり

 

 08/08/29 今朝目を覚まし時計を見たらまだ2時ごろだったのでまだ早いので又寝て二度目に目が覚めたのは3時ごろ。

 

 外からは屋根に落ちる雨音が聞こえてくる。

 

 時折風が吹いているようで雨音が強く聞こえてくる。

 

 昨日テレビで見たのだが名古屋では大変なようで道路が浸水?していたようだ。

 

 しばらくパソコンの前に座りメールなどをしてから4時ごろにいつものようにコーヒーを入れ飲み始めた。

 

 昨日のお天気も悪く日中雨が降っていた。

 

 帰るころには雨も小降りになってきた。

 

 家に帰ると次男はまだアルバイトから帰っていなかった。

 

 愛犬は私が帰って来ても伏せの状態で動こうとしなかった。

 

 次男が帰るのを待っているのか。

 

 部屋で着替えをしていると(記憶が定かでない)やがて次男も帰って来て二階に上がり自分の部屋に行った。

 

 私は下へ降り食事を始めたしばらくしてから次男が降りてきて食事を始めた。

 

 愛犬はいつものようにえさをねだり始めた。

 

 食事も終えお風呂に入りいつものように妻が次男が部屋へやって来てテレビを見ながら妻が最初に次男の体をさすりその後私の脚をさすった。

 

 さすり終えた妻は下へ降り次男も「何か食べてくるか」と言って下へ降りていった。

 

 しばらくしてから次男が又やって来て「食べてきた」「ラーメン二杯食べてきた」と言って私の側で横になりいつものように「このおなかは」などと言いながら私のおなかを触りながらテレビを見始めた。

 

 私も小腹がすいたので下へ降りだんごを食べ始めると愛犬も私の食べている様子を見てえさをねだり始めた。

 

 いつものようにジャッキーをあげたが口にくわえたと思ったら床に吐き?出した。

 

 なんでと思い今度はちぎってからお手をさせてあげると今度は食べ始めた。

 

 いつものようにお手をさせて欲しかったのか?・・・・。

 

 部屋へ戻り次男とテレビを見ていたが21時から面白い番組がなかったので目をつぶっていると次男は気をつかってかテレビを消して自分の部屋へ戻った。

 

 もう4時半になる外はまだ真っ暗。

 

 高速道路を照らす外灯の明かりしか見えない。

 

 雨はまだ降っている天気予報では今日は一日中降るようだ。

 

 次男は今日は休み。

 

 妻は朝早く出かけるそうでゴミ出しを頼まれた。

 

 ゴミ出しは前からやっていた事でそう珍しいことでもない。

 

 私は今週最後の仕事へ・・・・・・。

 

一日の始まり

 

 08/08/28 今朝目が覚めたのは4時ごろで布団から起き出ていつものようにコーヒーを入れパソコンに向かう。

 

 締め切った窓の外から鈴虫の頻繁に鳴く声が聞こえてくる。

 

 昨日は久しぶりに青空が見えた。

 

 青空を見るとやはり気持ちの良いものだ。

 

 天気予報ではまた今日から崩れて雨が降って来るそうだが今はまだ降ってはいない。

 

 昨日午後から休み通院している病院へ行って薬をもらいそれから長男の入院している精神病院へ行き先月分の入院費を払い家に戻った。

 

 家に入ると次男は居間でテレビを見ていた。

 

 愛犬は私を見るといつものように餌をねだり始めた。

 

 妻はテレビを見ながら横になっていた。

 

 私は遅めのお昼を食べ部屋へ行きお昼寝をした。

 

 一時間ぐらいして一度目がさめたが体が重く起き上がれない状態でうつらうつらとまた30分ぐらい寝てしまいやっと起き上がることができた。

 

 昨日は手足の指先まで一日中神経がピリピリとした。

 

 昨日テレビを見ていたらこの暑くなったり涼しくなったり手足が痺れてくる病気がはやっているらしい。

 

 それと同じなのか。

 

 自律神経からくるらしい。

 

 いつも季節の変わり目?など気候の変化の時になりやすい。

 

 やはり自律神経失調症の後遺症?なのか。

 

 起きた後このごろ次男はアルバイトで外へ出るだけで休みの日は外へ出る事も無いので外へ連れ出すために「一緒に出かけないか」と声をかけたら最初は「面倒くさい」と小さな声で言っていたが「じゃでかけるか」と言うので一緒に出かけた。

 

 買い物を少しして本屋で立ち読みだけして後は家に戻った。

 

 夕食を食べ後はいつものようにお風呂に入り部屋で妻に足をさすってもらった。

 

 次男も部屋へやって来て妻に体をさすってもらうと少したって「もう寝る」と言って部屋へ戻って行った。

 

 20時前には寝てしまったようだ。

 

 私も昨日は22時ごろには寝てしまった。

 

 今日は次男は13時から17時までのアルバイト。

 

 私はいつものように仕事・・・・。