一日の始まり

 

 08/10/04 今朝は3時半過ぎに目を覚ましそのまま起きた。

 

 昨日テレビで映画を見て寝たのは23時半過ぎだった。

 

 いつものようにコーヒーを入れに下へ降り台所でお湯を沸かし始めると我が家の愛犬が寝ていた部屋からつめ音をたてながらスタスタと台所へやって来た。

 

 水を入れている器を見ると水がなくなっていたので入れて床に置くとピチャピチャと音を立てながら飲み始めた。

 

 飲み終わると寝ていた妻の部屋へまたつめ音をたてながら歩いて行った。

 

 コーヒーを入れ終わり部屋へ戻りいつものようにパソコンの前に座りキーボードをたたき始める。

 

 のどが炎症を起こしている感じがする。

 

 昨日で風邪も治った感じがしたのだがまたひきなおしてしまったのか。

 

 昨日のまでとてもよいお天気が続いている。

 

 秋晴れのよいお天気だった。

 

 今日は天気予報では午前中雨が降るらしいが午後には回復するようなことを言っていた。

 

 昨日午前中は体の痛みも感じないでいたが午後になってからこの前のようではないが足や手などの神経が痛んできた。

 

 仕事から家に帰り玄関を開けると居間の戸が開いているので次男がテレビを見ているのが見えた。

 

 居間に行き「ただいま」と言うと次男が「お帰り」と返事をした。

 

 ついでに我が家のお犬様愛犬に「ただいま」と声をかけるとお犬様は側へやってきて返事をしないで?さっそくえさをねだり始めた。

 

 昨日はいつもよりしつこく怒ったようにうなり声?をあげていた。

 

 しょうがなく食事をする前にえさをあげ食事を始めるともう食べ終わったようでまたえさをねだりに側へやって来た。

 

 次男がガムをあげようとしたが食べようとしないで自分のいつも座る座布団に座り「ここへ持ってきて」とでも言っているようで次男が愛犬の側へ行ってガムをあげたがガムでは不満だったようで食べようとしなかった。

 

 私がジャッキーを持って行き上げると食べ始めた。

 

 食事を終え部屋へ行こうとしたらまた愛犬が側へやってきてまたえさをねだり始めた。

 

 しょうがなくまたえさをやろうとするとまた自分の座布団に座りここへ持って来いと言うような表情をしたのでまたジャッキーを持ってあげると私のほうを見ながら食べ始めた。

 

 部屋へ戻り着替えをしてまた下へ降りお風呂に入った。

 

 お風呂から上がり次男に「明日のお昼考えておいたか」と言うと「考えておいたのり玉弁当のシャケ」と返事をした。

 

 部屋へ戻っていると妻が足をさすりにいつものようにやって来た。

 

 お風呂に入った後だからか仕事が忙しく動き回ったからたいつもより疲れ心臓の鼓動がいつもより早くなっていた。

 

 また血圧が高くなっているのか。

 

 妻に足をさすってもらうが昨日は気持ちが入っていないようでもう少しさすって欲しいと思っているうちに終わり下へ降りていった。

 

 しばらくして私も下へ降りていくと妻がお風呂に入っていた。

 

 次男はテレビで歌番組を見ていた。

 

 見ていたら久しぶりに「GLAY」が出ていた。

 

 次男に「GLAY」だかと聞くと「うんGLAY」と答えた。

 

 なんで「GLAY」にこだわるかと言うと長男が「GLAY」が好きなようでCDを何枚も持ち私を「GLAY」にたとえ?妄想をし始める。

 

 妻は亡くなった「ザードの坂井泉水」だ。

 

 どちらも似ても似つかないのだが何故か・・。

 

 次男とテレビを見ながら次男の真似?をして体を動かしダイエット運動をしていたら「痛い」と急に私の後ろから声が聞こえた。

 

 いつの間にかお風呂からあがっていた妻の体に私の手がぶつかったのだ。

 

 それを見て次男がよほどおかしかったのか昔のあの子供のころのような笑顔をして笑った。

 

 久しぶりに見る次男の笑い顔笑い声だった。

 

 十年近くいや以上は見ていない聞いていない。

 

 あのころが懐かしいあのころ戻りたいものだ。

 

 大きな声で家中家の外も次男と長男の声が・・・・。

 

 もうあのころには戻ることもない戻れない・・・・・・。

 

 今日は長男の外出の日。

 

 また外泊退院と言い始めなければ良いのだが・・・・・。

 

一日の始まり 2006/10/22

 

 06/10/22 今朝は4時半過ぎに起きました。

 昨日の日中は温かい日でしたが、今日は一段と寒く、秋から冬に近づいて来るのが感じられます。

 先ほどコーヒーを煎れに下へ降りて行くと、長男はもう起きている?らしく、部屋から物音が聞こえます。

 昨日の日中は比較的におとなしく、私に「声もみんな俺に戻った。」と話しかけてきましたが、やはり言っていることが普通ではない。

 夕食の時間態には、私と二男を避けるように、私たちの歩く音を聞くと部屋へ戻って行っていました。

 おかげさまで昨日はまあまあ、穏やかな日でした。

 今日も薬を飲んでいてくれればいいなと思います。