一日の始まり 2006/10/18

 

 06/10/18 今朝は3時半過ぎに目が覚めた。

 今朝はまだ私以外の家族全員が寝ている。

 外は真っ暗、高速道を走る車のライトが目に入ってくる。

 昨日仕事から帰って来て夕食を食べていると、長男が部屋から出てきて私に向って「お前だけがおかしいのだ!」と言ってきた。

 食事も食べ終わりお風呂もすませて部屋へ戻って行って、次男とテレビを見ていると下で長男の声が聞こえた。

 「お母さん、体を揉んで。」と何度も言う声がし、そのうちに長男が叫び始め「ガタン!バタン!」と言う音がしたので下へ降りてみると、妻が廊下に倒れていた。

 妻が言うには長男が「いきなり突き倒した。」と言っていた。

 私が歯磨きを始めたら、何かしら叫んで私に今にも飛びかかりそうな勢いでやって来た。

 私は無視し部屋へ戻ると、又下で音がしたので行ってみると今度は次男と喧嘩を始めた。

 私は長男を押さつけようとしたが、何せ相手は私より体重が15kg以上重いので、大変だったがそのうちに長男が疲れてきたので、ズボンを掴みながら妻と一緒に車に乗せなんとか病院へ連れて行った。

 夜間で担当医が帰った後なので、当直の先生に診察を受けさせ目の前で薬を飲み注射も受けさせた。

 診察の中で、先生と長男の話の内容は、入院しなければならないと言うことを先生と話をしていた。

 本当に理解し納得していればいいのだが。

 担当医がいないので昨日は入院させられず、今日また通院することで長男と先生が約束をして帰って来た。

 今まで何度もだまさせてきたが、今日は行ってくれるのを期待するしかない。

 これで毎日おいしいコーヒーが飲めるといいのだが。

一日の始まり 2006/10/17

 

 06/10/17 今朝は4時に起きた。

 まだ家族全員が寝ている。

 コーヒーを煎れるために下へ降りて行くと、長男の部屋の戸は閉められ寝ているようだ。

 いまのところ静かな朝を迎えることが出来た。

 昨日私が仕事に行くとき、長男が急に暴れて足蹴りをして、扉のガラスを壊してしまった。

 私が仕事から帰って来ると、長男は部屋で静かにしていた。

 夕食を食べ次男が二階へ行くと、長男が部屋から出てきた。

 自分の食事を持って行き、少したってから自分で食べ終わった食事を持ってきた。

 珍しい。

 私はお風呂に入り終わって部屋へ戻ると、次男がいつものようにテレビを見ていた。

 しばらくして、次男の体を揉んであげていると、長男が来て「体を揉め、直ぐに!」と言ってきたが、次男の体を揉み始めたばかりなのと、朝のことがあったので無視していたら、下へ降りて行った。

 次男が自分の部屋へ戻ってから、また部屋へやって来て「揉んでくれ!」と言ってきたので、今度は揉んであげた。

 しばらくして下へ降りて行くと、長男と妻が何か言い争っていた。

 私も妻も部屋へ戻り寝ていると、長男が部屋へやって来たが布団の脇に立って直ぐに戻って行った。