一日の始まり

 

 08/10/02 今朝は3時頃に一度うつらうつらとしながら目を覚ましまた寝て4時には起きていつものようにコーヒーを入れパソコンに向かう。

 

 今朝も寒いようで肌着合わせて4枚着込んでちょうどと言う感じ。

 

 天気予報では今朝は10℃を下回るそうで日中は20℃くらいの気温になるようだ。

 

 昨日は午前中で仕事をやめ後は家に戻ると妻は出かけ次男は部屋から出てこなかった。

 

 帰る途中買ってきたお弁当を一人で食べ一度部屋へ戻り休んでいると妻が帰ってきた。

 

 まもなく次男も部屋から出てきて下へ降りていった。

 

 私も一度下へ降りまた部屋へ戻って昼寝を一時間以上して下へ降り台所へ行くと次男が飲み物を飲んでいた。

 

 「お母さんは」と言うと「外庭にいる」と言うので庭を見ると草いや花に隠れて妻は見えなかったが愛犬がテラスで横になり目を細め私を見た。

 

 外は気持ちよさそうで青空が広がっていた。

 

 体の調子も昼寝をして良くなった気がしたので次男に「何処か出かけるか」と外に連れ出そうと言うと「何処にや」と言ったので「飲み物でも買いに行くか」と言い二人で出かけることにした。

 

 途中「本屋さんに寄りたい」と言うので本屋さんに寄りその後飲み物を買いにドラックストアへ行った。

 

 何か「欲しいものあるかこれはどうか」と言うが「いい」とだけ言い缶コーヒー一本だけ買った。

 

 隣に服のお店があったので「寄ってみるか」と言って店に入った。

 

 「何か買ってあげるか」と言うと「いい」とだけまた言い10分もしないで店を出て家に戻った。

 

 家に戻ると今まで調子が良かったのだがまた肋間神経痛のようであばら骨が痛み出した。

 

 夕食を食べお風呂に入り部屋でテレビを見ていたら足の裏までも手の指先までも痛み出し肋骨もまだ痛んだ。

 

 妻が部屋へやってきていつものように足をさすってもらうが痛みは治まらなかった。

 

 22時過ぎまでテレビを見ていたがやはりまだ痛みが治まらなかった。

 

 あくびは出るのだが痛みで寝られなかった。

 

 夕食後に安定剤と痛み止めを飲んだのだがまた痛み止めを飲み足が冷えてきたので靴下を履くとやっと痛みも和らいできて何とか寝ることが出来た。

 

 昨日は日中寒くはなかったと思うのだが体が冷えたからか。

 

 今朝も足の裏がやはり痛む。

 

 痺れる様な神経が痛い。

  

 今日も晴れてくれるか。

一日の始まり 2006/10/16

 

 06/10/16 今朝は4時半過ぎに目覚めた。

 長男が私の布団の横に寝て「ユー時代に戻して、ほらおじいちゃん達が生きている時代に!」と何度も耳元で言い始めたので目が覚めたのだ。

 時計を見るともう四時半を過ぎていたので、起きて長男の言っていることを聞き流して、服を着替えいつものようにコーヒーを煎れに下へ降りて行った。

 下でコーヒーを煎れていると、長男がやって来て体を揉んでと言ってきたので又、聞き流して部屋へ戻った。

 又少したってから長男がやって来て、「手が暴れる!ユー時代に戻して!、体を揉んで!」と言ってきたので今度は揉んであげた。

 それでもまた同じことを言い始める。

 長男にとって体を揉むということは霊を取り去ったりするためのようだ。

 また私は二杯目のコーヒーを煎れに行くと、長男が降りてきて私が用意した朝食を食べ始めた。

 実は妻は朝が弱いのでほとんど私が朝食の用意をしているのです。

 昨日もそうだけど、珍しくテレビをつけている。

 昨日の午後は妻が体を揉んでやると1時すぎに寝て3時頃起きたようだ。

 土曜日と違い起きてくると「二男は女男だ!よく告白してくれたな!」と又意味不明な事を言っていた。

 今朝も同じことを言っている。