一日の始まり

?

 09/01/31 今朝は2時半ごろに目が覚めそのまま起きる。

 外からは雨が降る音が聞こえて来た。

 昨日仕事から帰ることから降り続いているようだ。

 今は真冬?今日は1月31日なのに雪ではなく雨が・・・・。

 ストーブをつけいつものようにパソコンに向かいメールのチェックをする。

 途中何度もインターネットが切断される。

 前にもあったのだがこの頃はスムーズにつながっていると喜んでいたのだがまたこの数日前からプッツンと切れてしまう。

 前はよくブログを書き込んでいざ投稿クリック・・・と言うときに限ってプッツンと・・・。

 そうなるとまた最初から書き込みしていたがこの頃は直接ではなくフリーの「OpenOffice.org Writer」を使って一度書いてから投稿するようにした。

 何せこのパソコンはブートパソコンでソフトは何も入っていない。

 改めてワード等を買うには先立つものが無いので・・・・。

 4時ごろいつものようにコーヒーを入れまたパソコンに向かう。

 外から先ほどまで聞こえていた雨音も聞こえなくなった。

 止んだのか小降りになったのか・・・。

 カーテン越しに窓の外を覗くと外はもちろん真っ暗で今朝も高速道路を照らす外灯の明かりと走るトラックのライトが見えてくる。

 昨日仕事から帰ると妻が出かけていなかった。

 と言うより次男をアルバイト先に向かえに行ったため。

 日中妻が出かけるため車を使ったので次男をアルバイト先に送っていったのだろう。

 玄関を開けると愛犬がお出迎え?・・私を待っていたのではなく妻を待っていたようだ。

 二階で着替えをして下へ降り居間で夕食を食べ始めると玄関の戸が開き「ただいま」と次男の声が聞こえて来た。

 それから愛犬の名前を何度も呼んでいた。

 唯一の友?

 この頃友達からもメールが来なくなったようで・・・と言うより自分からメールをしないから来ないのだろう。

 「まるかぶり寿司」「恵方巻き」の注文も同級生からは一人だけ注文があったようだが後は我が家と妻の友達と妻の実家で合わせて11本だけ・・・・。

 次男もいすに腰掛け夕食を食べ始めた。

 昨日は結構あまりお弁当があったらしいがオーナーが来たので遠慮してひとつしかもらって来なかったようで最初「お父さんに」と言ってくれたのだが朝見ると自分で食べてしまったようだ。

 足元を見るといつものように愛犬がえさをねだっていた。

 いつものようにえさをあげたがまだ足りないようで今度は次男があげていた。

 夕食を食べ終わり先に部屋に戻っていると次男がやって来た。

 また「パソコン」をまた言い出し始めた。

 少したって愛犬を連れて妻がやって来た。

 先に次男の体をさすってそれから私の足を・・・その間愛犬はいつものようにいびきをかいて側で気持ちよさそうに寝ていた。

 私の足もさすり終えると妻と愛犬と次男が下へ降りていった。

 私はしばらくタモリが司会で特集の歌番3時間を途中まで見て後は寝てしまった。

 もうそろそろ5時・・・次男は今日は8時からのアルバイトなのだが5時に起こしてくれと言われたので起こさないと。

 この前親切心でまだ早いと思い起こさなかったら怒っていた。

 今日は長男の外出の日。

 いつものように妻と向かえに・・・。

?

一日の始まり

?

 09/01/30 今朝は1時2時?三度目の2時半ごろに布団から起き出しストーブをつけパソコンの前に座りタバコを吸いながらメールのチェックをする。

 今朝も昨日と同じくらい暖かい朝のような感じがする。

 4時ごろいつものようにコーヒーを入れまたパソコンに向かい日記を書き始める。

 久しぶりにカーテン越しに窓の外を覗くと高速道路を照らす外灯の明かりと走るトラックのライトの明かりが見える。

 高速道路を見るたび思い出すのは長男が宮城県名取市の熊野堂にある精神病院へ入院していた時の事。

 毎週面会に高速道路を法廷速度以上?で走って面会に行っていた。

 今思えば毎週雨風雪が降っていても面会に行ったものだと自分でも感心する。

 毎週面会をすることは入院する時医院長先生との約束だったから続いたのかも知れない。

 「入院させてそのままほっぽりだしておくんだろう」と言われて「いいえそんなことはありません毎週面会に来ます」と約束をしたのだった。

 あの時は何とか長男を入院させなければ・・とただ必死になっていた。

 長男も最初は嫌がったが何とか説得して入院させたのだった・・・。

 まだあの時は長男もある程度理解出来る状態だったので入院させることも出来たのだが・・・今は何であんな風に人の言う事が理解出来なくなってしまったのだろうか・・・。

 あの時「薬を飲んだ」と言うのを信じてしまい良く見ていなかった親の責任もあるのだろう・・・。

 この前長男から手紙をもらった日の夜長男の夢を見たのだがそれからだったか前からだったか思い出せないが・・・私が長男と一緒に入院して生活をする妄想夢・・・・自分でも良くわからないがそんな事を考えた?ことがあった。

 一緒に入院して長男を何とか・・・と思ったのだろう・・・。

 ただただ長男が不愍可哀想とふと思うことも・・・・。

 次男も何で・・・こんなになってしまったのかとこれも親が日々の様子を見ていれば良かったのだろうが・・・。

 あの時は毎日長男が暴れだし「長男」「長男」と毎日その事ばかり・・・。

 仕事へいっても頭の中は「どうしたら・・・」「何処かよそへ引越しをして環境を変えれば・・」と思い次男に話すと「俺は生まれたこの内が良い」と言うし八方ふさがりの状態だった。

 長男が入院してくれたから次男も何とか今薬を飲みながらでもアルバイトを出来るくらいになった。

 これから長男をどうして行ったら良いものなのか・・・。

 退院させても今度は次男に影響が出ないか等と考えるだけ・・・・。

 

 昨日は本当に春を思わせるくらいお天気が良かった。

 私の体の調子はお天気と比例しないようで調子はいまいち・・・・いつものとおり。

 仕事から家に帰って二階の部屋へ行き着替えをして居間に行くと次男が夕食を食べ始めていた。

 「ただいま」と言いいすに腰掛夕食を食べ始めるといきなり「お父さんパソコン」「今日パソコンを買うのを忘れてしまった」と言っていた。

 他に楽しみが無いからか今は携帯も買い換え考えることは「パソコン」しかないのか・・。

 足元を見ると愛犬がいつものようにえさをねだっていた。

 次男の「パソコン」に気を取られ気づかないでいた。

 ジャッキーを上げたがすぐに食べ終わりまた側へきてねだっていた。

 次男と同じでいくら食べても気がすまない?のだろうか・・。

 夕食を食べ終わり部屋に戻っていると次男がやって来て「パソコン」とまた言い始めた。

 やがて妻が愛犬と部屋へやって来た。

 いつものように妻が私の足をさすり次に次男の体をさすっていた。

 その側で愛犬は気持ちよさそうにして人間並みのいびきをかいて寝ている。

 次男が仰向けに寝ている姿を見たらおなかが異常?にぽっこりと着ている服からはみ出して見えた。

 とにかく朝は食べないのだがお昼夜となると異常なくらいに食べている。

 一時本人は気にしたようで一日一食と言いながら食べていたのだが「一日一食食べてもやせるわけではない」と言ったからでも無いが自分で「やせないじゃ」と言ってまた食べ始めた。

 夜になると精神的なもので食べないといられないのだろう・・。

 私も自律神経失調症になるまでは異常に夜になるとおなかがいっぱいになるまでお酒を飲んでさらに何かしら食べていた。

 そうしないとイライラと?して眠れなかった・・・。

 次男と私は違うのかもしれないがやはり精神的なものなのだろう・・・・・。

 「パソコンを買いたい」と言うのも買わないといられない精神的なものなのだろう・・・。

 今日は次男は13時からのアルバイト・・・私は今週今月最後の仕事へ・・・・・。

 明日は長男の外出でまたいつものように妻と向かえに・・・・。

 隣の部屋から次男のいびきが聞こえてくる・・・・。

?