統合失調症とは

PCクリック↓

楽天ショップ

携帯クリック↓

楽天ショップ

4月29日 会いにいけなかった日
… 妹はいじめとか、色々あって高校くらいからおかしくなって、引きこもりみたいになって、ついに統合失調症になるし、 30過ぎて2人とも独身で家いるし それだって、ウチの家族がどんな問題を抱えてこうなってしまったかなんてわかんないし。 …
死にたくなったら薬のせい
科・心療内科・メンタルクリニック・メンタルヘス・うつ病・パニック障害・躁うつ病・発達障害・統合失調症・不登校・ADHD ※この記事は精神医療の問題に取り組んでいる mixiのサイクバスターさんの日記を転載させて頂いています 「死に …
抑えきれない怒り
お願いします。ちなみにクリエイティブな分野で実績をあげたり人から評価されるほど感じる怒りの感情も肥大していっています。何か精神的な病気なのでしょうか?自分は双子で片割れの方は自分にまったく自信が無く総合失調症や鬱病なので何か関係も
人格が変わる
自分に戻れます。ただ、会社の中では自分がどす黒いオーラを放っているのが解ります。現在通院しており、統合失調症と診断されていますが別の病院では人格障害とも診断されました。働かなければ生きていけない。で
統合失調症
統合失調症(とうごうしっちょうしょう、de:Schizophrenie、e… By google.co.jp Yaab.
統合失調症」という病気
統合失調症の方は 罪の意識を感じてしまいがち しかしながら 罪=原因は環境にある結果は個人に出る だから私は治療に努力すべきは(緊急的には排除) 個人よりも その個人をとりまく環境=社会 だと考えているのですが、 いかがでしょうか?
統合失調症
…うつと同様に、日内変動がみられる。
-近年、ひきこもり=統合失調症の陰性症状という誤診がなされることが多く、注意が必要であ…
統合失調症

統合失調症(とうごうしっちょうしょう、ドイツ語 独Schizophrenie、英語 英schizophrenia)とは、妄想や幻覚などの多彩な症状を示す精神疾患の一つ。WHO国際疾病分類第10版(ICD-10)ではF20。2002年までは精神分裂病と呼ばれていた。
発病率は全人口の1%程といわれており、決して珍しい病気ではない。
古代ギリシャ時代からこの病気の存在は知られていたが、発症する原因の詳細は今なお不明である。神経伝達物質の一つであるドパミンの過剰によるという仮説をはじめ、様々な仮説が提唱されている。1950年代にフランスでクロルプロマジンという薬物が一部の患者に効果があることが発見され、これを契機に抗精神病薬による薬物治療が広く行われるようになった。1990年代後半からの非定型抗精神病薬の使用や、効果的な急性期治療、社会復帰のため福祉制度の整備などにより、初発患者の入院期間は短縮され、以前よりも軽症化しつつあると言われている。しかし一方で、薬物療法が部分的にしか効果を示さず慢性化する患者も少数であるが存在することも事実である。

ウィキペディア(Wikipedia)フリー百科事典

統合失調症はどんな病気かどう治すのか
価格: 1,680 レビュー評価:5.0 レビュー数:1
わかりやすい統合失調症の話 著者:遠山照彦出版社:萌文社サイズ:単行本ページ数:190p発行年月:2005年06月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)これまでわかりにくいと言われてきた統合失調症についての本や解説書のイメージを打ち破って、ほんとうにわかりやすい本ができました。しかも、統合失調症に悩む人たちや家族にとって、生きる希望と社会生活に役立つ内容があふれています。図表や事例も多く、精神医学や精神保健、福祉の新しい情報も盛り込まれた本書は、専門家、患者家族、当事者から反響が寄せられたロングセラーの決定版です。【目次】(「BOOK」データベースより)第1


統合失調症
価格: 1,260 レビュー評価:4.75 レビュー数:4
正しい理解と治療法健康ライブラリーイラスト版 著者:伊藤順一郎出版社:講談社サイズ:全集・双書ページ数:98p発行年月:2005年03月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)統合失調症のすべてを詳しく解説。病気とのつきあい方、日常の過ごし方。家族とみんなで理解し、正しい対処を。【目次】(「BOOK」データベースより)1 こんなときどうする?症状とその対処法(知っておきたい?病気は3つのステージを経ていく/急性期の対応(説得しない、否定しない、言いなりにならない/症状の背景には「理由」がある/よけいな情報を遮断し、静かな環境をつくる) ほか)/2 どうして起こ




Q 統合失調症の4年間リスパダールのみを飲んでいます体重が22キロ増えました。主治医は徹底的に食事量と運動量のバランスをアドバイスしてきます。半年間毎日30分のウォーキングと間食をせず過ごしたら体重が変化しなかったので先生にいっても変薬を希望していますが主治医は僕のことを非努力なやつとしてみているようで 訴えても医者の気持ちがわからないみたいなことをいわれて、この際変化をつけるために病院を変えようと思いますが 変薬はむずかしいのでしょうか?
A リスパダール自体が太りやすいですから、それでダイエットは出来るかと言いたいです。薬を変える方法でよく挙げられるエビリファイですが、これにすると今まで抑えてきた症状を復活させる恐れがあります。連用で起きる副作用は厄介ですし、様子をみながら薬を減らすのが無難だと思います。病気になった原因を究明するのも大切です。4年前の診断なら発達障害などの新しい概念が頻繁に言われる前ですから、見直す必要もあるでしょう。未だによく知らない医師も多いですよ。

PCクリック↓

楽天ショップ

携帯クリック↓

楽天ショップ

一日の始まり

?

 09/04/30 夜中の確か23時頃目が覚め次男が部屋から出たり入ったりしてまだ起きていた。

 1時ごろまた目が覚め後はうつらうつらとし2時ごろ布団から起き出た。

 隣の次男の部屋から音楽が聞こえる。

 寝やすいように一晩中かけて寝ているのだろう。

 いつものようにパソコンに向かいメールのチェックをする。

 4時ごろ今朝はまだ次男は起きて来ない。

 いつものように今日の一杯目のコーヒーを入れまたパソコンに向かい日記を書き始める。

 先ほどから胃が少しむかむかとする。

 前は頻繁にあったのだが。

 何かしら考えているから?

 今日は次男の通院の日で次男の通院している病院へ6時半過ぎには受付をしにいかないといけない。

 それと銀行から来月分の家計費もおろさないと・・。

 そんなこんな?を考えるために胃がむかむかとするのだろうか。

 昨日の次男は朝5時ごろ?だったかすき家に行って牛丼を食べて来た。

 帰ってから物足りなかったようで「牛メガ丼」を食べてくれば良かったと言っていた。

 その日によるがこのごろ朝も食べるようになってきた。

 前はダイエットのつもりなのか朝は食べないでお昼と夜だけ食べていた。

 夜になると普通以上に食べ「それではダイエットにならない」と言ったことがあった。

 次男は食べた後いつもなら寝るのだが昨日はアルバイトに行くまで起きていた?記憶が定かでない。

 13時からのアルバイトなのだが11時ごろ家を出て行った。

 確か「テレビ付のオーディをが出たから買いたい」と言っていたが家電量販店にでもよるためか。

 昨日は車の話はしなかったがやはり何かしら買いたくてうずうずとしているのだろう。

 アルバイトで稼いだ分使わないといられないようだ・・・。

 次男が出かけた後お昼を食べ(何を食べたか覚えていない)部屋でお昼寝を始めうとうととした時玄関のチャイムが鳴った。

 せっかくうとうととし気持ちよくお昼寝が出来るかと思ったのだが。

 玄関に行くと隣の家のことで「出かけて誰もいないんですが・・」と言うようなことでせっかくのお昼寝が出来ないまま後は眠れなくなった。

 朝から出かけていた妻がその後帰って来た。

 昨日は地元のお祭り(日高火防災)なのだが一昨日まで気づかなかった。

 この数年十数年前からお祭りにも興味がわかない。

 小さいころから見ているからか結婚するまで実家が町のなかで父親が和菓子屋をしていので毎年見ていた見せられていた?からかあまり興味がわかない。

 夕方またいつものようにもやもやといらいらとしてきた。

 ものをもつ指もふるえるような・・・。

 夕食を食べ終わり部屋に戻っていると18時半前に次男が帰って来た。

 玄関に妻と愛犬が次男をお出迎えに・・・私は少し遅れて。

 「ただいま」「お帰り」と挨拶を交わし居間に皆で居間に行く。

 テーブルに次男が買ってきたお菓子や飲み物が置かれそれともらってきた?買ってきたお弁当とカップラーメン。

 次男が「お父さんどれ食べる」と聞かれたのだこのごろ夕食があまり進まないので「カップラーメンでいい」と言った。

 この前最初に精神病院で体重を測定したら服を着てだが83kほどあったが一週間たってまた通院したときは81.5k?ほどで一週間でー1.5Kほどになった。

 薬の飲む量が増えたからか夜いつもならいらいらとしてお腹がすいてきたのだがこの頃は夜食べる量が減ったからか。

 部屋に戻っていると次男がやって来て横になっている私の腕に頭をのせタバコをふかしながら「ちょうど良い枕だな」と言っていた。

 「タバコの灰が布団に落ちるぞ」と言うとタバコを吸うのをやめ部屋を出て下へ降りていった。

 今日は次男は休日で精神病院へ通院の日。