一日の始まり

?

 09/0528 今朝はいつものように夜中の0時ごろには眼を覚まし後はうつらうつらとしながら2時前に布団から起き出る。

 今朝は窓を開けていたが昨日とは違い半袖で居ても暖かい。

 パソコンに向かいいつものようにメールのチェック等をし3時半過ぎに今日の一杯目のコーヒーを入れまたパソコンに向かい日記を書き始める。

 昨日の朝次男が家にやって来た。

 何だと思ったらまた「車」の話で「お父さん一緒に行って」と言う話だった。

 「午前中は病院だから行けない」と言うと「午後からだから」と言うのだが「買うのはまだ早い」と言っていたこともあり「行かない」と言うと今度は「昨日お風呂に入ったとき腰が痛くなったから揉んで」と言うので少し揉んであげると今度は妻に揉んでもらっていた。

 9時半ごろ精神病院へ行く時間になったので次男に駐車場に止めてある次男が乗ってきた車をよけてもらい出かけた。

 次男はそのまま私の後を追うようにアパートに戻っていった。

 病院について少し待っていると「血圧を測ります」と言われまず体重計に乗り見るとまた体重が1k近く減っていた。

 ダイエットは順調?。

 血圧は下が103?上が120ほどだった。

 この前は下が100を超え上が150を超えていた。

 診察の時間になり診察室で先生に「どうですか」と聞かれたがはっきり自分では良いのか悪いのか良くわからないが次男が自立したで静かな気持ちで居られこのごろお天気が良いと気持的に「今日は良いお天気だ」と思うようになってきた。

 前はお天気が良くても気持ち的には何とも思わなかった。

 それと次男が家に戻ってきて「車」の話をされるといらいらとしてくることと薬の数が多いので間違ってしまう「数を数えるのが・・」と話をした。

 先生は「それはしょうがない」と小さな声で言っていた。

 と言うことで前よりわかりやすくしてもらい朝はデバス錠1mgジェイゾロフト錠50mg夜はデバス錠1mgルジオミール錠25mgにしてわかりやすく?と言うかジェイゾロフト錠が前は25mgと半分だったのが50mgになっただけ。

 診察を終え家に戻る途中スーパーで買い物をして家に戻った。

 戻ると愛犬がほえて出迎えてくれた?

 妻は友達にお昼をご馳走になると言って出かけていなかった。

 お昼を食べテレビ等を見て少しお昼寝をした。

 14時次男が16時からのアルバイトなので携帯に電話をすると次男が出た。

 「なに」と言うので「アルバイトに行く時間の2時間前に電話しただけ」と言うと「車買っていい今車屋さんに居るんだ」と言った。

 「130万円ほど」「保険は」と聞くと「十数万」と言っていた。

 保険だけで月平均1万5千円ほど・・・。

 「ずいぶん保険高いなそんなに高いはず無いんだが」などと話をしたが「買っていい」と何度も言うので「駄目もう終わり電話を切るから」と言って携帯をきった。

 15時近く次男が家にやって来て「おとうちゃんをいつも頼ってばかりいたから車を買うこともこれからも自分で考えてやっていくから」と言い1万円をわたした。

 「何だ」と言うと「今乗っている車が・・・?」と多分私が買った車を乗り回しているからその借り賃?と言うことでわたしたのでは?

 「車は買うから一生懸命がんばるから」と言うようなことを言って家を出て行った。

 自立心がまた一歩進歩?

 しょうがない・・・・。

 次男は今日はアルバイトが休み。

 ネットが今日つながるらしい・・・。

一日の始まり

?

 09/05/27 今朝は1時ごろに一度目を覚ましその後はうつらうつらとしながら2時半ごろ布団から起き出る。

 今朝も寒い・・・と思ったら窓を開けて寝てしまったようだ。

 窓を閉めたがやはり半袖では居られないので長袖を着る。

 体の節々が痛い・・鼻水も出てくる。

 日中暖かく朝方寒いからか中々風邪が治らない。

 いつものようにパソコンに向かいメールのチェック等をする。

 3時半過ぎ今日の一杯目のコーヒーを入れまたパソコンに向かい日記を書き始める。

 少し書くのをやめようかとも思ったのだが長年の習慣?か書かないといられない。

 ブログ病?

 昨日も良いお天気で妻は「用事があるから帰りは実家に寄ってくるから夕方」と言って朝方から出かけた。

 残された愛犬はいつものように伏せをし下をちびっとだしながらひたすら待っていた。

 私はお天気が良く暖かい日なのだが温度感覚がずれているのか窓を締め切り長袖を着てパソコンに向かったりテレビを見たりしていた。

 お昼も食べお昼寝を少しだけしてまたテレビを見て・・・。

 15時近くになり妻が帰って来た。

 ひたすら妻を待っていた愛犬は早速妻と散歩に出かけた。

 15時過ぎに携帯が鳴り出ると次男からで「お父さん洗面所に置く棚を買いに一緒に行かないか」と言う電話だった。

 一人で行けば良いのにとも思ったが「ぜひ一緒に言ってほしいなら行く」と言い一緒に出かけることにした。

 15分ぐらいたって次男が向かえにきたので一緒に出かけ色々と見てパイプ式の棚を買った。

 レジに行くと一瞬私のほうを見ていたが無視をしていると自分でレジに行って代金を払っていた。

 多分私と一緒に行きたいと言ったのはお金を出して欲しかったのでは?・・・。

 その後店を出るとお金が無くなったから銀行へ寄って降ろしていた。

 「これからどうする」と言うので「家に来て組み立てをしたら」と言うと「そうするか」と言って我が家に戻った。

 家に戻ると散歩に出かけていた妻と愛犬はすでに戻って狭い庭で何かしらしていた。

 次男が棚の組み立てを始めた側に行くと「ほらお父さん」と言って部品を渡された。

 私にも手伝って欲しいようで一緒に組み立てをし完成。

 その後次男が台所へ行って電気釜を開けてみていたのでこれは食べて行きたいのかと思った。

 ところが釜の中は空っぽで妻はご飯を炊く準備をしていなかった。

 妻に「準備をしていないぞ」と言うと家の中に入ってきて「食べていくのか」と次男に言ったが「今日のおかずはなに」と次男が聞いたので妻が「たたき」と言うと「たたきは食べない」と言っていた。

 その後またいつものように「お母さん車買うぞコペン良いだろう」と何度も言っていたが妻は「駄目まだ一ヶ月も生活していないで」と一言。

 買いたいのはわかるのだが・・・いくらアルバイト先のコンビニのあまり弁当をもらって食べていると言ってもそれ以外に色々とお金が必要になるのを考えていない考えられないのか・・。

 障害者年金とアルバイト代を合わせて13万円ほど・・・家賃が月5万円以上それに光熱費ガソリン代携帯の使用料そしてモバイルでインターネットをしていたのだがさらに今度は光Bフレッツも申し込んだようだ。

 「ご飯食べていくのか」と妻が言うと「たたきは食べないから帰る」と言ってアパートに戻って行った。 

 我が家では次男が家に居なくなってから実に質素な食事で次男の好きな肉等は買っていない。

 だいぶ食費がういていると思うのだが妻は「買うお金が無い」と・・・。

 今日は私は精神病院へ通院の日。

 次男は16時からのアルバイトで14時に携帯を鳴らすことにしている。